松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

私論

現在の資産を維持することに意味はない

ぼくらの世代には年金など期待できず,生涯死ぬまで働き続けなければならないのは自明である。 そうした中で,現在の資産を維持しようとするいわゆる貯蓄,これにはあまり意味がないと感じている。 むしろ大切なのは,生涯働き続けることができるだけの健康…

大学における「ポケモンGO禁止」の愚かしさ

若干機を逸してしまったのだが,大学における「ポケモンGO禁止」の愚かしさについて記しておきたい。 この間,いくつかの大学でポケモンGOが禁止された。 matome.naver.jp ぼくが「ポケモンGO禁止」に反対する理由は次の3点である。 ①「禁止」で物事は前進し…

学生に求められる手続きからみる私立大学と国立大学の違い

私立大学で勤務しながら国立大学の院生身分を持っていることで,さまざまな比較が可能になっている。 (学部出身校との比較も本来可能のはずだが,あまり学生生活をきちんと送っていなかったので,あまり参考にできない) 今日は学生証の再発行手続きを試み…

同一労働同一賃金が法制化された場合の,私立大学専任事務職員(任期なし)のポジショニングの問題

私立大学専任事務職員のコスト問題 ご存じのとおり,現在私立大学の職員のうち,私のような任期のない専任事務職員は徐々に減っている。 その代わり,契約,派遣,業務委託等を行うことによってコスト効率化を図り,高コストな任期のない専任事務職員は,よ…

ずっとレールから外れたいと思っていた

「レールから外れたい」という思い 自分は,典型的な「レールの上を走る人生」を生きてきた。 浪人も留年もせず,小学校,中学校,高校,大学とストレートで進み,新卒で就職した。 さらにいうと3月末生まれであるために,その全ての段階でほぼ最も若い人間…

「メールの返信が早い人は仕事ができる」とは限らないが,「仕事ができる人はメールの返信が早い」です。―シャイニング丸の内さんへの反論―

シャイニング丸の内さん(通称,シャイ丸さん)という,遅れてきたアルファブロガーがいる。 www.shiningmaru.com 今日は,このシャイ丸さんへの反論を試みてみたい。 反論を試みる記事の対象は,こちらである。 www.shiningmaru.com彼女がこの記事で主張さ…

「私立大学等の振興に関する検討会議」は(やはり)勉強になる

「私立大学等の振興に関する検討会議」は,やはり勉強になる。 shinnji28.hatenablog.com今回,第4回の配付資料が公表されていた。 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/073/gijiroku/1374022.htm 自身の所属する研究科の師である丸山先生*1…

村本大輔(ウーマンラッシュアワー)の選挙に関する演説は、ネットTVに留めるにはもったいなさすぎる

アベマTVというインターネットTVが4月から開局している。 その中のアベマプライスという番組で、 ウーマンラッシュアワーというお笑い芸人のボケの方である村本大輔氏が堀潤氏とともにMCを務めている。 その番組の中で彼は先日、「選挙に行ったことがない」…

大学職員に転職するために―業界研究のための必読本を紹介する―

大学職員への転職を検討されている方のために,意味のありそうな文献を絞りに絞って2冊だけご紹介したい。 まずいえることは,企業等から大学職員として転職される場合に,大切なことは業界研究であると考えている。 何も「企業と大学は違う」なんてことを…

「スマホ依存症」とは何か

少し前に朝のAMのラジオでアナウンサー(たぶん年配の男性)が変なことを仰っていたので気になった。 いわく, 「最近の人はスマホ依存症であり,誰もかれもが意味もなくスマホを触っている」 とのこと。 「意味もなくタバコを吸う」と,たばこと並列して述…

懇親会における乾杯のあいさつ

懇親会における乾杯のあいさつなんて、「ほとんどの人は聞いていないだろう」という持論がある。 なお、ここでいう懇親会というのは職場の歓送迎会のようなものではなくて、学会や勉強会など、関係者が入り乱れるカンファレンス的なものの終わりに実施される…

就職先として大学職員を選んだのは,転職市場で人気があったから

就職先として大学職員を選んだ最大の理由は,転職市場で人気があったことにある。 こんな自分でも,内定先はいくつかあった。たしか4つくらい。その中でどこを選ぶのかはなかなか難しい。 でも,就職活動をしながら,自分なりに決めていることがあった。 そ…

「こんなおっさんにはなりたくない」と思った話

「こんなおっさんにはなりたくない」と思った話をしよう。 「お前もおっさんやないかい」という突っ込みは留保していただいて。比較的よく行くチェーンの定食屋があるのだが,そこでの出来事である。 おっさんはたぶん40台中盤くらい。店員さんに文句を言っ…

組織が潰れる=自分が潰れる,ではない

時々,自分の組織が立ちいかなくなってつぶれてしまうのではないか,ということを心配している人がいる。 自分もかつてそういう感情を持っていなかったわけでもないので,気持ちはわかる。 結論からいえば,そのようなことを気にする必要は全くない。 組織が…

「本当に強い大学」というフレーズに含意されていること

主として週刊東洋経済であるが,「本当に強い大学」というフレーズが用いられている。 store.toyokeizai.net もちろん,こういった特集は興味深い。 しかし,それ以上に個人的に考えたいと思うのは,このフレーズに含意されていることは何か,ということであ…

能力のある人には,それを社会の中で発揮する責任がある

能力のある人には,それを社会の中で発揮する責任がある。 少し前にも書いたが,能力にはどうしても個人差というものがある。それは仕方ない。 しかしながら,個人差の有無はともかく,そのもっている能力をベストを尽くして発揮しているかどうか,は問われ…

仕事において,「頑張っていたらいつか誰かが気づいてくれる」と考えるのは甘え

「頑張っているのに評価されない」は本当か? 「頑張っているのに評価されない」と話す人がいる。 自分はこんなにも頑張っているのに,なぜ評価されないのだろう,という悩みである。 しかしながら,この主張は妥当ではないと考える。 頑張っているか,いな…

久々にトイックを申し込んだ

おそらく,3年ぶり?くらいにトイックを申し込んだ。 少なくとも2年は経過している。なぜそれがわかるかというと,トイックの会員サイト(トイックスクエア)にログインできなかったからだ。 「ログインできないんですけど…」と電話連絡すると,「すみません…

仕事の力に個人差は当然あるが、それは各々の個性(特徴)と不可分な関係にある

「あいつはできない」論について 自分以外の誰かを「仕事ができない」と断じることに以前から疑問をもっている。 まさしくそれは「断じる」ということだからだ。 誰かをそんな風に評価できるほど,自分は立派ではないと思っている。 「ウソをついたことのな…

「ストレングス・ファインダー」に5つの強みを見つけてもらった

久々に変な自己啓発本的なものを買ってしまった… この本を買うと,アクセスコードというのがついてきて,自分の強みを診断してくれます。 私の強みは,「着想」「戦略性」「自己確信」「最上志向」「内省」の5つでした。 着想 あなたは着想に魅力を感じます…

一度手に入れたものを手放すことができるか

一度手に入れたものを手放すのは難しい。 「生活水準は落とせない」なんて言葉をよく聞く。 一度手に入れたものは,ある種の執着を生むのだろう。 しかしながら,どうなるかわからない世の中,一度手に入れたものを簡単に手放すしなやかさが必要な気がする。…

なぜ残業がなくならないのか?―雇用調整機能としての残業―

一般的に,残業は非効率性の象徴であると考えられている。 個人であれ組織であれ,非効率な仕事の仕方や,非生産的な取組みが原因となって,残業が生まれるという。 では,非効率な仕事の仕事を改善すれば,残業は減るのだろうか? 仕事の生産性を高めれば,…

ウーマンラッシュアワーの村本大輔氏は頭がいい

ウーマンラッシュアワーというコンビ芸人がいて,片割れを村本大輔氏という。 私は正直,村本氏がコンビで突っ込みなのかボケなのかも存じ上げない。 ただ,この方はかなり頭がいいなと思った。 きっかけは,GW中に以下の番組を拝聴していたことにある。 abe…

2016年度は,所属機関以外からいただいた報酬は全て,日本赤十字を通して熊本地震の被災地に寄附することにした

生まれてこのかた,「寄附」という行為をしたことがない。 東日本のときも,「せなあかんな」と思いつつ時間が流れてしまった。2016年度は、所属機関以外からいただいた報酬は全て、日本赤十字を通して熊本地震に寄附することにしました— MATSUMIYA,Shinji (…

高校生にとって,入学する学部学科の学位名称はきわめて大事である

学位の名称はとても大事である。 現在日本で出している学位は700くらいあって,うち600くらいはその学部学科でしか出せない,オンリーワン学位であるとされている。 ぱっとソースが出せないのだが,数字は大体あっていると思う。ところで,わが国の学位の種…

災害ボランティアバスに引率として随行したあとの自分の最後の挨拶について

東日本大震災のボランティアに関する思い出は,これまでも何度か記述してきた。 shinnji28.hatenablog.com shinnji28.hatenablog.com参加した学生と教職員は,大学に帰着してから最後の振り返りを行う。一人ひとり何かを言って,クローズである。 自身が参加…

補助金に頼らず、自分の頭で考える

SGU関連の「詐欺」が高等教育クラスタで話題であるが、やはり大切なことは、「補助金に頼らず、自分の頭で考える」ことであろう。 http://www.asahi.com/sp/articles/DA3S12329935.html これは自身の大学院での研究テーマに深く関係している。 補助金に頼る…

SNSでの情報発信を制限する大学があるようである

組織の人がTwitterやブログを運用することについて、制限されてしまう大学もあるようである。 具体的には、「不用意につぶやくな」と言われるというケースを最近確認した。 しかしながら、このような発想にはセンスがないように思う。 これからの時代、ウェ…

人材育成における「たまたま問題」

http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/09/25/050000上記の会で、登壇をお願いした中元さんが「たまたま問題」を取り上げておられた。 「たまたま問題」というのは、 「たまたまタイミングがよかったから」 「たまたまいい上司に出会ったから」 という…

災害時におけるマスコミの動きに対する批判についてー災害ボランティアにNHKの記者が同行した思い出

ここ最近、熊本地震の取材のため現地入りしたマスコミの動きに対する批判が目立つ。 ガソリンスタンドで割り込んだ、豪華な弁当を現地調達しているのではないか、などなど…。 真偽のほどがわからないが、災害のたびにマスコミへの批判は必ず出てくる。 熊本…