松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

読了した文献(10)

高根正昭(1979)「3 理論と経験とをつなぐ―具体的証拠を集める」『創造の方法学』(講談社現代新書),pp.54-74.
高根正昭(1979)「4 科学的説明とは何か―イメージから論理へ」『創造の方法学』(講談社現代新書),pp.75-90.
◆上杉道世(2015)「近未来の大学職員像」『IDE 現代の高等教育』第569号,pp.4-10.
◆高田邦昭(2015)「大学職員に望むこと~国立大学学長の視点から」『IDE 現代の高等教育』第569号,pp.10-14.
◆奥野武俊(2015)「大学職員に望むこと~公立大学の学長から」『IDE 現代の高等教育』第569号,pp.14-18.
◆井原徹(2015)「これまでの大学職員論を超えて」『IDE 現代の高等教育』第569号,pp.19-23.
◆吉武博通(2015)「企業との比較における大学職員」『IDE 現代の高等教育』第569号,pp.23-28.
◆森島朋三(2015)「どう職員を育成するか―立命館の職員養成の実践を通じて―」『IDE 現代の高等教育』第569号,pp.29-32.
◆篠田道夫(2015)「戦略経営人材の育成」『IDE 現代の高等教育』第569号,pp.33-37.
◆杉﨑正彦(2015)「私立大学における財務・会計人財の育成」『IDE 現代の高等教育』第569号,pp.37-41.
◆五藤勝三(2015)「学生支援人材に求められる専門性と取り組み姿勢」『IDE 現代の高等教育』第569号,pp.41-45.
◆上西浩司(2015)「教務人材の育成」『IDE 現代の高等教育』第569号,pp.45-49.
◆大工原孝(2015)「大学職員とこれからの人事部門」『IDE 現代の高等教育』第569号,pp.49-53.
◆両角亜希子(2015)「日本の大学職員―調査データから」『IDE 現代の高等教育』第569号,pp.53-59.
◆横山晋一郎(2015)「大学職員のリアリティ」『IDE 現代の高等教育』第569号,pp.59-64.