松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

なしたいコトと原体験(1)なじめなかった大学生活

先日の以下の記事ですが, shinnji28.hatenablog.com なんとなく,大学院のことを書いちゃったので研究活動に熱心という風に見えたかもしれませんが,それは誤解です。 たしかに今現在の自分にとっての優先順位において高い方に位置づくのは事実ですが,あく…

再課程認定の場合わけ(1)における「シラバス」「業績書等」の提出パターン,詳細に見ていくとよくわからない

これまで提供してきた,以下の場合わけについてです。 shinnji28.hatenablog.com (1)「新規事項及びコアカリキュラムが策定された事項」の場合 (2)「新規事項及びコアカリキュラムが策定された事項以外の事項」の場合 (3)(1)が(2)に干渉してくる場…

凡夫未満の自分がコトをなすにはどうすればよいのか

そもそも,自分は生来凡夫未満の人間でした。 たとえば,小3で九九が満足に言えませんでした。 そこから,両親が心配して強制的に勉強をさせられる毎日が始まりました。 具体的には,教師である父の宿題が毎日出て,それに答える日々でした。 このような生活…

京私教協2017年度第2回勉強会の補足について

shinnji28.hatenablog.com こちらの勉強会に参加いただいたみなさま,ありがとうございました。 一部補足させていただきます。 私は報告において,「シラバス」「業績書等」の提出パターンについて,次のように場合わけすればわかりやすいという提案をしまし…

京私教協 2017年度第2回教員免許事務勉強会で,教職課程再課程認定に関する報告の機会をいただきました

参加いただいた皆様,ありがとうございました。 お世話になってきた方からの,おそらく3年ぶりくらいのオファーということで,いつにもまして気合を入れたつもりです。 もしご不明な点がございましたら,いつでもお問い合わせください。 また,私にできるこ…

『大学行政管理学会誌』第21号,pp.66-79.に論稿を掲載いただきました

抜刷をご入用の方はご用命ください。 タイトル 小学校教師の資質能力に対する認識比較―採用段階の大学と教育委員会に着目して― 概要 小学校教師の資質能力に対する認識をめぐって,大学卒業程度にふさわしい汎用的な資質能力(「学士力」)と教師としての専…

野村康(2017)『社会科学の考え方―認識論、リサーチ・デザイン、手法』(名古屋大学出版会)を読了

標記の本を読了した。 本書で最も勉強になったのは,第Ⅰ部の「認識論」である。 特に,存在論の2つの立場(基礎づけ主義と反基礎づけ主義)と認識論の3つの立場――実証主義(positivism),解釈主義(interpretivism),批判的実在論(critical realism)――の…

藤原康弘・仲潔・寺沢拓敬(2017)『これからの英語教育の話をしよう』(ひつじ書房)を読了

標記の本を読了した。 本書では,新学習指導要領とコア・カリキュラムという直近の英語教育政策を批判的に検証し,対案を示す試みがなされている。 第1章では,小学校への英語の「教科化」(「外国語活動」からの転換)にはエビデンスも一貫性もないことが批…

サルでもわかる教職課程再課程認定申請――の,核となる部分。「シラバス」「業績書等」の提出パターンについて――

標記の件について,以下のとおり報告します。 ご存知のように,文部科学省による教職課程再課程認定等の全国説明会は,8月28日(月)の中部•北陸ブロック(名古屋会場)をもって終了しました。 これにより,基本的な行政手続きが確定されました。現時点の質…

トッド・ローズ著・小坂恵理訳『平均思考は捨てなさい―出る杭を伸ばす個の科学』(早川書房)に関するもう少し詳細なレビュー

昨日取り上げた本書について,大学院の課題で使っていただいたので,そのために自身が作成したレジュメの内容を以下に転記する。 1.本日の課題 以下の文献を購読し,自身の研究への示唆を得る。 トッド・ローズ著・小坂恵理訳『平均思考は捨てなさい―出る…

トッド・ローズ著・小坂恵理訳『平均思考は捨てなさい―出る杭を伸ばす個の科学』(早川書房)を読了

標記の本を読了した。 読み終わって思うことは,タイトルの「思考」は「志向」と読み替えることもできるなあ・・ということである。 つまり,本書で取り上げられているのは,平均「思考」への批判であると同時に,「志向」への疑義でもあると思うのである。 …

とんでもない宿(2)

癒されました。 社会科学研究所のRのセミナーもすごくよかったです。泊まったのはこちら↓ 一泊1万円弱です。 鳳明館 HOMEIKAN

【お詫び】ブログトップのメールアドレスが間違っていました

ブログトップのメールアドレスが間違っていたので、修正させていただきました。誤 : sanjyuumatu@gmail.com 正 : sanjyuumatsu@gmail.com相談に乗ると言いつつ、8ヶ月も内容が間違っていて迷惑かけました。 ご指摘くださった方に感謝します。

藤本夕衣・古川雄嗣・渡邉浩一編『反「大学改革」論―若手からの問題提起』(ナカニシヤ出版)を読了

結構前のことにはなるが,標記の本を読了した。 本書は,専門を高等教育論に限らない論客が集合し,90年代以降のさまざまな「大学改革」を批判的に検討するものである。 テーマとしては,PDCAサイクル,産学連携,補助金,社会との接続,大学の大衆化,大学…

とんでもない宿に泊まっています(1)

明日、明後日と東大の社会科学研究所のセミナーに参加するため、本郷に泊まっています。 ぼくは今まで、定宿があるとなんとなくかっこいい、そして自分の行動になんか意味づけをしておきたいというイキった思いから、泊まるところには執着してきました。 こ…

佐藤郁哉・山田真茂留著『制度と文化―組織を動かす見えない力』(日本経済新聞出版社)

標記の本を読了した。 結論からいえば,新制度論のことを勉強するとき,ディマジオとパウエルやマイヤーとロワンを読む前に,こちらの書籍を読むべきであった(笑) というくらいわかりやすく,新制度論のエッセンスが詰まっている。 特に理論をイメージした…

呂煒編著(成瀬龍夫監訳)『大学財政――世界の経験と中国の選択』(東信堂)を読了

標記の本を読了した。 本書は中国の高等教育財政が中心なのかなと思って拝読したが、良い意味でそうではなかった。 中国の話題は2割くらいで、残りは財政支出と調達の国際比較であり、さらにあまり取り上げられることのないインドとブラジルの事例も収録され…

『教職課程再課程認定等説明会(中国・四国ブロック) 質問回答集』No.377回答に対するリプライ

以下の記事で,中国・四国ブロック説明会に対して,業績書等の提出省略に関する質問を出していることを述べた。 shinnji28.hatenablog.com内容は次のとおりであった(赤字は筆者)。 「シラバス」「教員業績書」の提出の省略対象となる科目について,旧課程…

書き散らし氏「(再課程認定申請)図解:業績書等提出の考え方」へのリプライー教職課程再課程認定申請―

(再課程認定申請)図解:業績書等提出の考え方 - 大学職員の書き散らかしBLOG 上記の記事を拝読しました。 おおむねこのとおりなのかなあ,と思いますが,1つ気になったのは,右半分の枝分かれにある「※」印です。 これって,「新規事項及びコアカリキュラ…

再課程認定申請で「審査」が必要となるパターンについて―書き散らし氏「再課程認定のポイント(個人的メモ)」に対するリプライを兼ねて―

書き散らし氏が,ご自身のメモを兼ねてポイントについて解説されていた。kakichirashi.hatenadiary.jp特に彼が2点目に挙げている「シラバス・業績書の提出」に関することを中心に現時点での私の認識を示し,リプライを兼ねた情報提供としたい。 彼と個人的に…

教職課程再課程認定のためのコアカリ対応表様式(仮)および教育研究業績書様式(仮)について

もはや何も解説はいるまい。ぼくの目から見れば現人神である。 [教職コアカリ対応表様式(仮)及び再課程認定教育研究業績書様式(仮)を作りました。 - 大学職員の書き散らかしBLOG]

教職課程再課程認定のための新旧対照表の様式(仮)について

またしてもグッジョブを先越されてしまいました。 以下のブログで自作のフォーマットが提供されています。 私も、なかなか提供されそうにないから、作らなければとは思っていました。 しかし、いやだなあと思っていたし、作ったとしても公開しようとまでは思…

教職課程再課程認定等に関する説明会@東京ブロック(7/10 月)の報告について

以下のブログで詳細に解説されています。ご確認ください。 このスピード感には脱帽です。[教職課程再課程認定等に関する説明会(東京ブロック・7月10日)に参加してきました。 - 大学職員の書き散らかしBLOG]今回の全国説明会は、地区によって開催時期に2ヶ…

今日は久々に学生と長く話した

今日は定時後に久々に学生と長く話した。 というのも、明日が神戸市と兵庫県の教員採用試験の一次試験だったからである。 その後思い立って、まずは現役の4年次生に対してポータルで応援のメッセージを送り、その後過去3年間の卒業生全員に同様のことを行な…

豊田秀樹著『もうひとつの重回帰分析』(東京図書)

先日発刊されたばかりの標記の本を読了した。 結論からいえば,本書を前提とすると,「多くのxを投入する重回帰自体,やめた方がいい」ということになるだろう。 ちょっと自分には難し過ぎたが,以下のようなことが書いてある(と理解した)。①yをxで予測す…

広島大学高等教育研究開発センター公開セミナー「「組織」としての大学:組織の中でどう向き合い、どう生きるか」について

こちらは日程的にうかがえそうもありませんが,8月23日(水)-24日(木)に開催されます。 例年広大の職員の方が多くお見えです。 (予告)平成29年度 高等教育公開セミナー「「組織」としての大学:組織の中でどう向き合い、どう生きるか」(8月23日(水)-…

広島大学高等教育研究開発センター研究員集会「高等教育の財政問題-競争的資金の在り方を考える」(予定)について

以下のとおり,11/23(木・祝)に開催予定です。私も行きます。 rihe.hiroshima-u.ac.jp

宮本常一・安渓遊地著『調査されるという迷惑―フィールドに出る前に読んでおく本』(みずのわ出版)を読了

標記の本を読了した。 この本は,フィールドワークを行うにあたり,現地の方にいかに迷惑をかけてきたか,また迷惑をかけるとしたときにどのような迷惑のかけかたがありうるのか,といったことについて述べられている。 具体的には,「「調査をしてやる」と…

読了した文献(49)

◇古川雄嗣(2017)「「大学改革」におけるPDCAサイクルの批判的考察? : 導入過程の整理・検討」『北海道教育大学紀要.教育科学編』67(2),pp.1-13. ◇塩野宏(2014)「日本の行政過程の特色--大学設置認可過程(平成24年)を素材として」『日本学士院紀要』第68…

貫井徳郎著『後悔と真実の色』(幻冬舎文庫)

標記の本を読了した。 最初の方は一見通常の警察小説なのだが,途中からの急展開,さらに最後のどんでん返しには驚いた。 山本周五郎賞受賞作品。後悔と真実の色作者: 貫井徳郎出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2013/02/01メディア: Kindle版この商品を含むブ…