松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

読了した文献(34)

◇金子元久(2013)「今後の高等教育研究のあり方とRIHEへの期待」『高等教育研究叢書』第124号,pp.1-10.
◇合田哲雄(2013)「行政サイドからの高等教育研究とRIHEへの期待」『高等教育研究叢書』第124号,pp.11-20.
◇有本 章(2013)「今後の高等教育研究とOBからのRIHEへの期待」『高等教育研究叢書』第124号,pp.21-46.
◇藤村正司(2013)「高等教育研究の未来を考えるRIHEのオンリー・イエスタディー」『高等教育研究叢書』第124号,pp.47-66.
◇大膳 司(2013)「第40回研究員集会の講演の概要とコメント」『高等教育研究叢書』第124号,pp.67-70.
◇白石弘幸(2009)「組織学習と学習する組織」『金沢大学経済論集』29(2),pp.233-261.
佐和隆光(2015)「人文社会系学部の反省と展望」『IDE現代の高等教育』No.575,11月号,p.4-9.
◇石 弘光(2015)「逆風下の文系学部とその役割」『IDE現代の高等教育』No.575,11月号,p.10-15.
猪木武徳(2015)「大学と産業の距離について」『IDE現代の高等教育』No.575,11月号,p.16-21.
◇天野郁夫(2015)「国立大学と文系学部」『IDE現代の高等教育』No.575,11月号,p.22-28.
◇石井 洋二郎(2015)「文部科学大臣の通知と人文社会的教養」『IDE現代の高等教育』No.575,11月号,p.28-32.
野家啓一(2015)「文系の危機と教養教育」『IDE現代の高等教育』No.575,11月号,p.33-37.
◇竹内 洋(2015)「反知性主義的空気と大学改革」『IDE現代の高等教育』No.575,11月号,p.38-42.
◇芳賀 徹(2015)「「人文」の力―金素雲『朝鮮詩集』による経験から」『IDE現代の高等教育』No.575,11月号,p.43-47.
◇西山雄二(2015)「人文学の弁明―国際哲学コレージュの危機から」『IDE現代の高等教育』No.575,11月号,p.47-50.
藤田達生(2015)「地方国立大学に文系学部は必要か」『IDE現代の高等教育』No.575,11月号,p.51-55.
◇永里善彦(2015)「企業からみた文系学部」『IDE現代の高等教育』No.575,11月号,p.55-58.
◇両角 亜希子(2015)「文系学部のプロフィール」『IDE現代の高等教育』No.575,11月号,p.59-65.