松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

読了した文献(2)

◆中井俊樹(2014)「教学マネジメントにおける大学職員の役割」『高等教育研究』第17集,pp.95-111.
◆井原徹(2001)「巻頭言―「職員の役割論」に終焉を―」『大学行政管理学会誌』第5号,
pp.1-3.
◆加藤好郎(2001)「専門職としての大学職員の必要性」『大学行政管理学会誌』第5号,
pp.73-78.
◆水谷早人(2001)「「大学職員のプロフェッショナル・スクールをデザインする」(ワーク
ショップ)」『大学行政管理学会誌』第5号,pp.87-92.
◆正木卓・水谷早人・塩原将行・南学・山崎敬夫・矢代誠・芦沢真五・孫福弘・上田千尋
(2000)「大学行政専門職養成 修士課程カリキュラムの展望について(大学行政管理専門
職養成カリキュラム開発プロジェクト)」『大学行政管理学会誌』第4号,pp.49-61.
◆福島一政(1997)「大学職員改革論―大学は職員をどう位置づけるべきか―」『大学行
政管理学会誌』第1号,pp.37-42.
◆吉田信正(1997)「大学職員の仕事に関するアンケート調査結果の概要」『大学行政管理
学会誌』第1号,pp.43-51.
村上雅人(2012)「教職協働による教育の質保証―「チャレンジSIT-90」作戦―(2012年度研究集会 講演)」『大学行政管理学会誌』第16号,pp.3-21.
◆星野晶成(2012)「国際交流担当職員の職能開発への自己点検とその一考察―教員・学生・職員の3者協働から生ずるSDの可能性―」『大学行政管理学会誌』第16号,pp.85-94.
◆小室昌志(2010)「「教職協働」実現に関する一考察―労働者層における身分的秩序の歴史的視点から―」『大学行政管理学会誌』第14号,pp.45-51.
◆岡多枝子・水谷早人(2010)「「教職協働」による初年次ゼミナール実践」『大学行政管理学会誌』第14号,pp.133-131.
◆坪井啓太・伊藤博美(2009)「職員による学生個別の履修指導―教職協働を観点とした提案―」『大学行政管理学会誌』第13号,pp.195-202.
◆上西浩司・中井俊樹・齋藤芳子(2008)「教務部門が求める教務担当職員像―教務部門
務責任者への全国調査結果」『大学行政管理学会誌』第12号,pp.179-186.
林一夫(2007)「eラーニングなど教育におけるIT利用に関する教務系職員への期待」『大
学行政管理学会誌』第11号,pp.47-53.
◆秦敬治(2007)「プロフェッショナルである大学アドミニストレーターの専門性―大学職
員の視点から―」『大学行政管理学会誌』第11号,pp.39-45.
池田輝政・井原徹・本間政雄・吉武博通・吉田信正(2006)「大学職員のアドミニストレ
ーター養成における展望と課題(2006年度総会プレシンポジウム)」『大学行政管理学会誌』
第10号,pp.23-45.
◆上田理子(2006)「大学職員の人材育成と求められる知識・技能・能力への一考察」『大
学行政管理学会誌』第10号,pp.199-204.
◆秦敬治(2006)「大学職員の専門性を規定する要因に関する考察」『大学行政管理学会誌』
第10号,pp.205-211.
◆武村秀雄(2003)「大学アドミニストレーター養成の試み:桜美林大学の例―大学職員の
ためのMBA―」『大学教育学会誌』第25巻第2号,pp.126-131.
林一夫(2006)「大学職員の今後のあり方・役割,取得すべき能力や知識技術―教務系職
員を中心として―」『大学教育学会誌』第28巻第2号,pp.101-107.
◆西田那昭(2005)「教学改革とマネジメントスタッフの役割―組織改革と人材育成―」『大
学教育学会誌』第27巻第1号,pp.40-45.
◆山本眞一(2005)「大学の機能変化と職員の役割―教学支援と大学改革―」『大学教育学
会誌』第27巻第1号,pp.52-55.
◆関根秀和(2005)「教学支援と大学改革―プロフェッショナル・ディベロップメントにつ
いて―指定討論者の視点から―」『大学教育学会誌』第27巻第1号,pp.56-58.
◆大場淳(2014)「大学職員論・教職協働論から見たカリキュラム・マネジメント実践」『大学教育学会誌』第36巻第1号,pp.53-58.
◆佐々木一也(2014)「課題研究のまとめと教職協働によるカリキュラム・マネジメントの諸条件」『大学教育学会誌』第36巻第1号,pp.48-52.
◆佐々木一也(2013)「職員から見た教養教育カリキュラム・マネジメント―作成・維持・検証―」『大学教育学会誌』第35巻第2号,pp.53-56.
◆佐々木一也(2012)「カリキュラム・マネジメントにおける教職協働」『大学教育学会誌』第34巻第2号,pp.116-119.
◆佐々木一也(2011)「大学におけるカリキュラムの設計と実施(カリキュラム・マネジメント)―大学人協働の可能性―」『大学教育学会誌』第33巻第2号,pp.54-57.
◆寺﨑昌男・本郷優紀子(2011)「シンポジウムⅡを司会して」『大学教育学会誌』第33巻第1号,pp.70-71
◆佐々木一也(2011)「当課題研究の総括と展望―これまでの議論とアンケート結果を踏まえて」『大学教育学会誌』第33巻第1号,pp.66-69.
◆今田晶子(2011)「教員と職員の協働の在り方と,大学における新たな業務―課題研究「SDの新たな地平―『大学人』能力開発に向けて」学会アンケート調査から―」『大学教育学会誌』第33巻第1号,pp.61-65.
◆秦敬治(2011)「カリキュラムに関する職員の関与とその可能性~「SDの新たな地平」学会アンケート調査から~」『大学教育学会誌』第33巻第1号,pp.58-60.
◆清水栄子(2011)「「SDの新たな地平―『大学人』能力開発に向けて―」アンケート結果の概要について」『大学教育学会誌』第33巻第1号,pp.53-57.
◆寺﨑昌男・山田礼子・松本茂・羽田貴史「教員・職員の関係再考―緩やかな相互浸透のあり方を探る―」『大学教育学会誌』第32巻第2号,pp.59-63.
◆佐々木一也(2009)「教員が求める職員像」『大学教育学会誌』第31巻第2号,pp.75-78.
◆寺﨑昌男(2010)「シンポジウムⅢを司会して」『大学教育学会誌』第32巻第1号,pp.83-84.
◆佐々木一也(2010)「SDの新たな地平―「大学人」能力開発へ向けて―これまでの歩み」『大学教育学会誌』第32巻第1号,pp.67-71.
◆本郷優紀子(2010)「学生を視野に入れた職員企画の教職協働」『大学教育学会誌』第32巻第1号,pp.72-76.
◆秦敬治(2010)「学生目線によるFD・SDの実態~愛媛大学の事例をもとに~」『大学教育学会誌』第32巻第1号,pp.77-82.
◆本郷優紀子(2008)「学生の学びの支援と職員の教育参加」『大学教育学会誌』第30巻第2号,pp.39-43.