松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

教職

教師の資質能力に対する認識のズレーアクターとしての大学と教育委員会に着目した実証分析―

さきほど終了した大学行政管理学会の若手研究奨励の中間報告について、以下のとおりスライドをアップします。 企画いただいた研究・研修委員会のみなさま、お越しくださったみなさま、貴重なコメントをくださったみなさま、ありがとうございました。 教師の…

今津孝次郎著『教師が育つ条件』(岩波新書)を読了

標記の本を読了しました。 以前読了した書籍化された博士論文について、実際に働いている先生方の声を取り入れ、かつやや一般向けに出版したもの、と理解しました。 教師の質(もしくは資質、資質能力)等の向上といったときに、多くの場合その質とはなんな…

今津孝次郎著『変動社会の教師教育』(名古屋大学出版会)を読了(5)教員養成の課題

続きですが、このくらいで最後にしたいと思います。 自分の仕事に最も関係のある「教員養成の課題」についてです。 今津先生は、この問題について4つの観点を提示されました。 すなわち、 (1)同僚教員間連携 (2)実践研究者としての教師 (3)やわらかい…

今津孝次郎著『変動社会の教師教育』(名古屋大学出版会)を読了(4)なぜ個々の学校に議論が焦点化されないのか?

続きです。 全く興味のない方にとっては全然面白くないかもしれません。すみません。 でもこのブログ、自分のためにやってるんです。だからご容赦ください。日本の学校研究でなぜ個々の学校というよりもむしろ全体にかかわる議論ばかり進むのか、という重要…

今津孝次郎著『変動社会の教師教育』(名古屋大学出版会)を読了(3)「かたい学校」と「やわらかい学校」

一昨日、昨日の続きです。 これも非常に重要な論点だと思うのですが、今津先生は「かたい学校tight system of the school」と「やわらかい学校loose system of the school」という2つの学校モデルを提示された上で、脱工業化社会では後者に向かうべきだとお…

今津孝次郎著『変動社会の教師教育』(名古屋大学出版会)を読了(2)「未完成の教師」

昨日の続きです。今津先生の著書を拝読して印象にのこったところ、考えたことなどをつらつら記録していきます。 これからの社会が求めるのは、「未完成の教師」 昨日、教師教育に関する2モデル(「aモデル;教師個人モデル」「bモデル;学校教育改善モデル」…

教員免許状更新講習ってなに?

池田信夫さんの子ども新聞風に、、、 教員免許状更新講習ってなに? from Shinnji Matsumiya www.slideshare.net今年、教員免許状更新講習の受付を従来職員がやっていたのですが、学生さんにやってもらおうと思いまして。 で、ただやるんじゃなくて、事前事…

東京アカデミーの教採模試を学生と一緒に受けてみた結果―松宮カップのその後、とりあえず論作文の内容をさらしますー

以前、学生と一緒に東京アカデミーの模試を受け、結果をランキング形式にして掲示する「松宮カップ」を行う、という宣言をしました。 実際に行ったのですが、余裕がなくてまだ掲示できていません。 完全にタイミングを逃しました。今は学生にとって大事な時…

小柳和喜雄/久田敏彦/湯浅恭正編著『新教師論―学校の現代的課題に挑む教師力とは何か』(ミネルヴァ書房)を読了

標記の本を読了しました。 章立ては以下のとおりです。 第1部 教師に求められる専門性と力量に関する論議のコンテキスト 第 1章 今,求められる教職の専門性 第 2章 教師教育の質保証と職能開発 第2部 教師に求められる専門性と力量のエレメント 第 3章 教師…

佐久間裕之編著『教職概論』(玉川大学出版部)を読了

標記の本を読了しました。 目次は次のとおりです。 はじめに 第1章 教職の意義 第1節 教職とは 第2節 「聖職者論」から見た教職の意義 第3節 「労働者論」から見た教職の意義 第4節 「専門職論」から見た教職の意義 第5節 教職を取り巻く現状と課題 第2章 教…

はじめての教員免許更新講習―初めて担当いただく先生向け―

教員免許更新講習ですが、総合大学の場合は比較的学部に担当者の新設を一任していることが多いと思われます。 この際、単に「更新講習に担当の先生を出してください」といった頼み方だと、更新講習とは何か?といった基本的なことを調べるコストが受け手に発…

大学院にも行って時間のない中でどうやって業務マニュアルなんて作ってるんですか?

これは、先日の全私教協の大会で自身の報告のあとに名刺交換をさせていただいた際に受けたご質問です。あまりうまく答えられなかったので、この場を借りて自分なりにお答えしようと思います。 ①前提として、あまり作れてはいない えらそうなこと言ったけど、…

教職課程認定の事務局指摘に対して、〆切1週間前に回答を返したった!

教職課程認定申請は、実は中教審の審査の前に事務局指摘という、文科省の担当官のチェックが入ります。 私はこれを非常にありがたい制度だと思っていて、学内の教員にも「このままでは注文がつくかもしれないよ」という親切であり、アシストであると説明して…

出張報告一覧と、インプットとアウトプットを繰り返す意味。―全国私立大学教職課程研究連絡協議会 2015年度定期総会・第35回研究大会―

―全国私立大学教職課程研究連絡協議会 2015年度定期総会・第35回研究大会― の参加報告の一覧です。出張報告①所感等―全国私立大学教職課程研究連絡協議会 2015年度定期総会・第35回研究大会― - 松宮慎治の憂鬱 出張報告②定期総会・特別講演・シンポジウム(1…

出張報告⑤自身の報告内容ー教員の「養成」段階にかかわれる素晴らしさ(「教職課程業務を引き継いだ際の戸惑いについて」)―全国私立大学教職課程研究連絡協議会 2015年度定期総会・第35回研究大会―

昨日までの続きです。 最後に、自身の報告内容を簡単に記録しておきます。 教職課程業務を引き継いだ際の戸惑いについて from Shinnji Matsumiya www.slideshare.net私がこのスライドに基づいてお伝えしたことは、おおまかに言って次のようなことです。 発言…

出張報告④第12分科会(2日目午後)―全国私立大学教職課程研究連絡協議会 2015年度定期総会・第35回研究大会―

昨日までの続きです。 第12分科会(13:30~16:30) 教職課程業務の引き継ぎ―困難さの共有と具体的方策の検討― 標題のテーマで、最初の30分、15分ずつに別れて「引き継がれる側」が感じた難しさと「引き継ぐ側」の工夫を、それぞれ花園大学の石倉委員と話題提…

出張報告③第6分科会(2日目午前)―全国私立大学教職課程研究連絡協議会 2015年度定期総会・第35回研究大会―

昨日、一昨日の続きです。 しつこいですが、掲載にあたって発表者の許可を得ておりませんし、文責は全て私にあります。 このブログを根拠にして「あのときこう言ってたじゃないか!」と文科省の担当官に詰め寄ることは勘弁してください(笑) また、掲載その…

出張報告②定期総会・特別講演・シンポジウム(1日目)―全国私立大学教職課程研究連絡協議会 2015年度定期総会・第35回研究大会―

昨日の続きで、1日目の報告になります。 掲載にあたって、発表者から許可は得ておりません。もし内容の掲載そのものや、訂正必要等ございましたらご連絡ください。 当然のことですが、この記録には全て私個人のフィルターが通っているため、必ずしも発言が…

出張報告①所感等―全国私立大学教職課程研究連絡協議会 2015年度定期総会・第35回研究大会―

標記の会の出張報告を、何回かにわけて投稿します。 中身は、学内向けのものと同じです。 職場の学内規則では、1週間以内に報告書を提出する定めになっていますが、私は必ず翌営業日に提出しています。 また、既に学内向けに作ったものを再度ブログで投稿す…

【御礼】全私教協2015年度定期総会•第35回研究大会において、教員免許事務検討委員会主催の分科会へ参加されたみなさまへ

教員免許事務検討委員会委員を拝命しております松宮(神戸学院大学)です。 ただいま神戸空港に戻りました。 このたびは弊委員会主催の分科会にご参加いただき、誠にありがとうございます。 特に第12分科会に参加されたみなさま、また中でも直前のお願いにも…

全国私立大学教職課程研究連絡協議会2015年度定期総会・第35回研究大会について

標記の大会について、私も教員免許事務検討委員会開催の分科会の運営に携わっております。 自身が委員の1年目であり、いろいろと慣れていないことがあったり、初めて試みることがあったりして、とても不安です。 が、当日まで準備にベストを尽くすことをお…

松宮カップ(仮)のその後について

以前、学生と一緒に東京アカデミーの教員採用試験模試を受けて、氏名を公表して学内に掲示するイベント、通称松宮カップ(仮)を行うということを述べましたが、昨日がその本番でした。 私が学生と一緒に受けたのは上記のうちの第2回で、教職教養+一般教養…

まだ公開されていませんが、『大学職員論叢』第3号に勤務先の専任教員との共著を投稿しました

タイトルは、「教職課程の認定申請業務に関する教職協働の事例報告」です。 もし抜刷をご入用の方がいらっしゃったらおっしゃってください。郵送いたします。 【目次】 はじめに Ⅰ.先行研究の確認 Ⅱ.課程認定申請業務における教職協働 1.課程認定申請業…

2015年度大学行政管理学会若手研究奨励の奨励金申請書を公表します

2015年度大学行政管理学会若手研究奨励に採択されました(研究課題「大学の教職課程に求められる学生の資質能力向上に関する研究」) - 松宮慎治の憂鬱 昨日申し上げたように、2015年度大学行政管理学会若手研究奨励に採択いただきました。 この申請書の内容…

課程認定申請書の提出終了

今日は、課程認定申請書の提出をしました。 今年度は、5月末提出のものと、この3月末提出のものと、2回出すことになりました。 3月末のものは、2か月ほど前に急遽提出することになり、ハイスピードで準備をすることになってしまいました。 もうこの仕事…

【一覧】サルでもわかる「はじめての変更届」―初学者のためのチュートリアル―

【1.はじめに】サルでもわかる「はじめての変更届」―初学者のためのチュートリアル― - 松宮慎治の憂鬱 【2.変更届とは何か―どういう時に提出が必要か?―】サルでもわかる「はじめての変更届」―初学者のためのチュートリアル― - 松宮慎治の憂鬱 【3.変…

【6.おわりに】サルでもわかる「はじめての変更届」―初学者のためのチュートリアル―

【1.はじめに】サルでもわかる「はじめての変更届」―初学者のためのチュートリアル― - 松宮慎治の憂鬱 【2.変更届とは何か―どういう時に提出が必要か?―】サルでもわかる「はじめての変更届」―初学者のためのチュートリアル― - 松宮慎治の憂鬱 【3.変…

【5.実務で何をしなければならないのか】サルでもわかる「はじめての変更届」―初学者のためのチュートリアル―

【1.はじめに】サルでもわかる「はじめての変更届」―初学者のためのチュートリアル― - 松宮慎治の憂鬱 【2.変更届とは何か―どういう時に提出が必要か?―】サルでもわかる「はじめての変更届」―初学者のためのチュートリアル― - 松宮慎治の憂鬱 【3.変…

【3.変更届を作成する際に必要となる知見①―再課程認定申請が必要か否か―】サルでもわかる「はじめての変更届」―初学者のためのチュートリアル―

【1.はじめに】サルでもわかる「はじめての変更届」―初学者のためのチュートリアル― - 松宮慎治の憂鬱 【2.変更届とは何か―どういう時に提出が必要か?―】サルでもわかる「はじめての変更届」―初学者のためのチュートリアル― - 松宮慎治の憂鬱 続きです…

【2.変更届とは何か―どういう時に提出が必要か?―】サルでもわかる「はじめての変更届」―初学者のためのチュートリアル―

【1.はじめに】サルでもわかる「はじめての変更届」―初学者のためのチュートリアル― - 松宮慎治の憂鬱 昨日の続きです。 2.変更届とは何か―どういう時に提出が必要か?― 我々は無意識のうちに省略して「変更届、変更届」と呼んでいますが、正式名称は「…

【1.はじめに】サルでもわかる「はじめての変更届」―初学者のためのチュートリアル―

標記のようなマニュアルを学内向けに作りましたので、可能な範囲で順次公開したいと思います。 1.はじめに この資料では、変更届がどういうもので、実際の業務で何をしなければならないのかということについて、その大きな枠組を解説しています。細かな作…

「課程認定申請大学からの事例報告~指摘事項を中心に~」

こちらは、昨年の全私教協研究大会第5分科会において行った報告です。 このお仕事もチャンスをいただいた結果です。 楽しかったですが、300人相手(かつ、全員教職担当者)のお話は非常に緊張しました。 課程認定申請大学からの事例報告~指摘事項を中心…

「課程認定申請大学からの事例報告~指摘事項を中心に~」

一昨年の年末の阪神教協第3回課題研究会で報告した内容のスライドです。 これも楽しいお仕事でした。チャンスをいただけてありがたかったです。 課程認定申請大学からの事例報告~指摘事項を中心に~ from Shinnji Matsumiya 課程認定申請大学からの事例報…

「教職協働のあり方に関する一考察~教職課程認定申請業務を事例として~」

個人として初めて行った研究発表のスライドをアップします。 今見ると、幼いというか、色々ダメなところがあると自覚しています。 でも、ほんの1年半前のことなんだなあと思うと感慨深いです。 これからも、基本的に単独で行った発表等のスライドについては…

【テストアップ】教職課程の情報の公表に関する現状―できるところまでやって、とりあえずアップしよう、未完成なまま―

第二十二条の六 認定課程を有する大学は、次に掲げる教員の養成の状況についての情報を公表するものとする。一 教員の養成の目標及び当該目標を達成するための計画に関すること 二 教員の養成に係る組織及び教員の数、各教員が有する学位及び業績並びに各教…

「2014年度 第2回教員免許事務セミナー」(阪神教協)に参加

標記の研修会に参加してきました。 概要は以下のとおりです。 (1)テーマ ①教職課程に関して他大学に聞きたいこと ②その他 ※上記テーマを中心に、各大学の教職事務担当者間で情報交換を行います。 ※事前に各参加者から「他大学に聞きたい」情報交換テーマを2…

【注意】いわゆる「教職センター」付教員は、課程認定上の専任教員としてカウントできるか?

結論から言うと、できないですよね。 根拠は以下のとおりです。 Q 学科等にではなく、教職センターのような学内組織に所属する教員は、学科等の専任教員として含めてもよいか。 A 学科等の専任教員は、認定過程を有する学科等に籍を置く教員を専任教員に含…

【解決策】教職課程認定申請書様式第4号(​教員個人に関する調書)「教育研究業績書」​の編集課程で生じるWordの表のバグにつ​いて

ここ2年間ずっと悩まされ続けた標記のバグについて、解決策を発見したので報告します。 どういうバグなのか? 事務担当者なら(あるいは、この書類の作成を依頼された先生なら)、ウンウン悩まされたことが多いであろうバグです。 バグと言っていいのかわか…

「教職課程認定申請書 様式8号ア」を書くときに気をつけたい3つのこと

「様式8号ア」というのは、申請する教職課程の設置理念を記載する書類で、近年重視されていると言われています。 重視されると言われながら、書き方がわからずお困りの方がいらっしゃるかもしれませんので、自分なりの考えを記しておこうと思います。 なお…

「第3回教員免許事務検討委員会」に参加―学外の仕事を委嘱されたケース―

標記の委員会に参加してきました。 教員免許事務検討委員会とは、全国私立大学教職課程研究連絡協議会(全私教協)の下にある4つの専門委員会のうちの一つです。 全国私立大学教職課程研究連絡協議会(全私教協)| 概要 教員免許事務検討委員会は唯一事務…

教職課程認定申請の仕事に携わってよかった5つのこと―それでも、しんどいこともある―

2012年6月から2年と半年、ひたすら教職課程認定申請の仕事に携わってきて、よかったなあと思う5つのことを書き記しておきたいと思います。 よかったなあと思うことは、以下の5つです。 ①教員と仲良くなる ②知らない分野に関心が湧く ③自分の市場価値が高ま…

『manaba活用ミニセミナー~教育コンテンツをどう活用していくか~』に参加

朝日ネットさん主催の標記のセミナーに教員と参加してきました。 教職課程では、4年次後期の「教職実践演習」という科目で履修カルテ(いわゆる学修ポートフォリオ)の活用が義務づけられています。 本学では今のところこのポートフォリオを紙で実施してい…

【速報】教員の免許状授与の所要資格を得させるための大学の課程の認定に関する審査について(報告)

一昨日の教員養成部会で課程認定委員会の報告がなされました。 これをもって文部科学大臣に答申が出されることとなり、その後の文部科学大臣からの正式な認定通知を待って認定ということになります。 残りの業務は、年度末の学則差し替えだけです。 なお、ホ…

教職課程のやりがい

大学で教職課程を担当するやりがいは、人によって色々あると思います。 私の場合は、「大学で働きながら初等中等教育に関われること」です。 大学で教員養成に携わるということは、初等中等段階の教員を養成するということであり、結果として初等中等教育の…

『学力に関する証明書』を発行するときの「​別表第●」とかいうアレの意味

私が教務に異動し、教職課程の担当をするようになって2年半が経ちました。 当初から戸惑ったのが、専門用語の多さと、その意味のわからなさです。 また、言葉の意味がわからないので「それはどういう意味ですか?」「こういう意味ですか?」と質問しても、…

厳戒態勢の文部科学省

昨日は、文部科学省へ平成26年度の教職課程認定申請書の差し替えに行っていました。 「差し替え」というのは、課程認定申請書を提出したのち、事務局指摘や課程認定委員会の指摘を経たのちの、最終版を提出しに行く、という仕事です。昨日の文部科学省は厳戒…

「平成26年度教職アドバンスト実習成果発表会」に参加

以下のとおりメモ程度ですが報告します。掲載にあたり許可は得ておりませんので、掲載そのものに関する問題や、修正の必要等ございましたらご連絡ください。 これは、何度か本ブログでも取り上げている連携GPの中の、教職アドバンスト実習という重要なプログ…

「兵庫県教員養成高度化システムモデル開発会議(第3回)」に参加

標記の会議に参加しましたので報告します。報告の前に概説しておきますと、この会議は、以前こちらの記事で言及しましたが、 「『教学マネジメントの改善と学修成果』~学生支援型IRの可能性」に参加 - 松宮慎治の憂鬱 「『教学マネジメントの改善と学修成果…

「阪神地区私立大学教職課程研究連絡協議会2014年度第3回課題研究会」に参加

通称「阪神教協」の今年度第3回課題研究会に出席したので報告します。 掲載にあたり、許可は得ておりません。掲載そのものに対する問題や、修正の必要などありましたら、ご連絡ください。 午前中は幹事校会に出席していましたが、そちらの方は省略します。 …

教職課程の学生同士の学び合いに向けた試み【一覧】

教職課程の学生同士の学び合いに向けた試み(1)問題意識 - 松宮慎治の憂鬱 教職課程の学生同士の学び合いに向けた試み(2)問題意識② - 松宮慎治の憂鬱 教職課程の学生同士の学び合いに向けた試み(3)目的 - 松宮慎治の憂鬱 教職課程の学生同士の学び合…