松宮慎治の憂鬱

タイトルは友人が考えたもので,某アニメのことはわかりません。sanjyuumatsu@gmail.com

「人間は非合理的なので失敗するのではなく、むしろ合理的に行動して失敗する」:今こそ読んでおきたい『組織の不条理』(菊澤研宗著)

今の状況で,「なぜうちのトップはこうなんだろう」「なぜあの人はああなんだろう」と思うことがあるだろう。 しかしながら,人間は完全合理的な存在ではない。 当然だが人間は神ではなく,考えは常に,必ず不完全である。これを限定合理性という。 このよう…

情報提供:新型コロナウイルス感染症拡大に伴う「教育実習」「介護等体験」の今後について

本日の昼過ぎ,萩生田文科大臣の閣議後会見が行われ,その模様がYouTubeで配信されました。 このことを踏まえて,「教育実習」「介護等体験」に関する通知が,所管部署宛にメールで発出されました。 (大臣の見解は,「教育実習」のみにとどまっていますが,…

【3/31 以降随時編集】新型コロナ禍において活性化するアカデミアの連帯と積極性

日本の大学は若者が多いこともあり,特に都会の大学については,4月にこれまでどおり再開することは基本的に不可能な状況になりつつあります。 他方で,大学の立場になれば,学生の学習する権利ないしは学びたい気持ちをきちんと保障しなければなりません。 …

2020年2月に読了した小説,評論,エッセイ,漫画

危機に立つ東大 (ちくま新書)作者:洋二郎, 石井発売日: 2020/01/07メディア: 新書女性のいない民主主義 (岩波新書)作者:健太郎, 前田発売日: 2019/09/21メディア: 新書「文系学部廃止」の衝撃 (集英社新書)作者:吉見 俊哉発売日: 2016/02/17メディア: 新書大…

ご案内:(好評につき名古屋地区で開催地区決定)2019年度河合塾グループIRセミナー「大学教職員のための初歩からのIRワークショップ」

よろしければお越しください。 kawaijuku-group-irseminar202003.peatix.com

2020年1月に読了した小説,評論,エッセイ,漫画

裁判官も人である 良心と組織の狭間で作者:岩瀬達哉出版社/メーカー: 講談社発売日: 2020/01/30メディア: Kindle版ルポ トランプ王国2: ラストベルト再訪 (岩波新書)作者:金成 隆一出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2019/09/21メディア: 新書1日外出録ハン…

ご案内:神戸学院大学・摂南大学・関西大学 共催 PAL Forum the 3rd「初心者のためのSA・LA導入」のお知らせ

あさがおMLからの抜粋です(関大さん,ごめんなさい)。 本学で実施しますので,関心お持ちでしたらお越しいただければ幸いです。 【タイトル】 PAL Forum the 3rd 「初心者のためのSA・LA導入」 PAL(Peer Assisted Learning)とは、学生が支援する学生の学…

バーガー&ルックマン(山口節郎訳)(1977)『現実の社会的構成:知識社会学論考』(新曜社)を読了

標記の本を読了した。 目的は,自身が依拠することの多い社会学的新制度論の基盤となっている,知識社会学の理論を摂取することにあった。 筆者によれば,知識社会学の直接的先駆者となったのは,マルクス主義,ニーチェ,歴史主義という19世紀ドイツであっ…

2019年12月に読了した小説,評論,エッセイ,漫画

年の瀬の音作者:山本 周五郎出版社/メーカー: 現代いろは出版発売日: 2019/12/02メディア: Kindle版働き方の問題地図 ~「で、どこから変える?」旧態依然の職場の常識作者:沢渡 あまね,奥山 睦出版社/メーカー: 技術評論社発売日: 2017/12/27メディア: 単行本…

【出願期間:2020. 1.6(月)-1.8(水)】千葉大学大学院人文公共学府「教育・学修支援コース」社会人特別選抜の実施について

あさがおMLで拝見しました。以下がその抜粋です。 学生の学習支援に関心のある大学の事務職員にとっては,非常に良いのではないかと思ってご紹介です。 (が,出願期間が短いのが気になります) ASAGAOメーリングリストのみなさま,千葉大学大学院人文公共学…

変更届における履歴書/教育研究業績書の提出 ≠ 審査

最新の『教職課程認定申請の手引き(令和3年度開設用)』が既に公開されています。 www.mext.go.jp 「教育課程の変更届」の手続きにおいては,場合により教員の履歴書/教育研究業績書を提出することがあります(『手引き』p.89あたり)。 しかしながら,こ…

スコット.W.リチャード(河野昭三・板橋慶明訳)(1998)『制度と組織』(税務経理協会)を読了

本書は,社会学的新制度主義について,先行研究(経済学,政治学,社会学の各新制度論の差異)→理論的背景→現代の制度理論→経験的研究→有効性の検討→今後の方向性の順に展開して論じたものである。 ただし,独自のオリジナリティがあるかというと,微妙かも…

令和元年度教職課程認定等に関する事務担当者説明会の資料4

こちらの冒頭に,前の手引きからの変更点が示されています。これに気づいておらず,失礼しました。 令和元年度教職課程認定等に関する事務担当者説明会について:文部科学省 毎回このように示してくださるなら,以下の記事のような作業は不要になりそうです…

『教職課程認定申請の手引き』の主な変更点―「平成32年度開設用」(H32)から「令和3年度開設用」(R3)へ

id:samidaretaro 氏が別の仕事に旅立ってしまわれたので代わりに作りました。 氏のように細かくはできないので,不十分で恐縮です。 細かすぎて伝わらない「教職課程認定申請の手引き」の変更点 - 大学職員の書き散らかしBLOG 細かすぎて伝わらない「教職課…

下司ほか(2019)『教育学年報11 教育研究の新章』(世織書房)

本書は,様々な教育〇〇学の論客が集合し,当該分野の近年の動向を提示したレビュー論文集である。 各部の合間には編集委員と執筆者の「座談会」が構成され,初めて分野に触れる方がわかりやすく入り込めるようになっている。 個人的に,教育経済学,教育社…

「たたき台」を作る人は一番えらいが……

先般,以下の記事がTwitterでバズっており,大学の事務職員間でも話題となりました。 note.com 記事の要旨は, ・いわゆる「たたき台」の作成は,ゼロからイチを生成する仕事である ・これが一番大変なので,敬意を払わないといけない ・このことを自覚せず…

2019年11月に読了した小説,評論,エッセイ,漫画

人生に詰んだ元アイドルは、赤の他人のおっさんと住む選択をした (単行本)作者:大木 亜希子出版社/メーカー: 祥伝社発売日: 2019/11/30メディア: 単行本中曽根康弘 - 「大統領的首相」の軌跡 (中公新書)作者:服部 龍二出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: …

(好評につき12月追加開催決定)2019年度河合塾グループIRセミナー「大学教職員のための初歩からのIRワークショップ」

期日が迫っていて申し訳ないのですが,第2回です。 kawaijuku-group-irseminar201912.peatix.com

2019年10月に読了した小説,評論,エッセイ,漫画

ドラフトキング 1 (ヤングジャンプコミックス)作者: クロマツテツロウ出版社/メーカー: 集英社発売日: 2019/08/19メディア: コミックこの商品を含むブログを見るドラフトキング 2 (ヤングジャンプコミックス)作者: クロマツテツロウ出版社/メーカー: 集英社…

『SYNAPSE』70号,「課程認定申請に向けた心がけ」に見る教員と事務職員の協力関係について

小野勝士さん(龍谷大学)の「教職課程認定申請実務入門」の最終回の最後に,さらっと重要なことがまとめられています。 (1)第一人者としての自覚をもつ (2)学内人材を活用することも検討する (3)教員の協力を引き出す (4)記録の教材化 このうち,(…

中井俊樹・宮林常崇編著(2019)『大学SD講座3 大学業務の実践方法』(玉川大学出版部)を読了

本書は,大学の事務職員が大学の業務をどこのように遂行すればいいかについて,広く平易に記載したものである。 本書で,「おっ」と思った箇所が2ある。 1つは,「第3章 基本的な姿勢」の中にあった,「清潔感を常に意識する」の一部である(p.28)。 職場で…

中井俊樹編著(2019)『大学SD講座1 大学の組織と運営』(玉川大学出版部)を読了

標記の本を読了した。 本書では主に,制度,環境,歴史といった「大学とは何か」を平易な言葉で解説するとともに,大学の教員や職員がどのような存在で,どういったステークホルダーからどのようなことが期待されているのか,までが示されている。 簡便性と…

羽田貴史(2019)『大学の組織とガバナンス』(東信堂)の第2部「大学の運営」に関するコメントと疑問点

羽田先生であれば許してくださるだろうと思って,以下の書評会で報告した内容を公開します。 ご案内:8月6日(火)開催 第6回公開研究会「羽田貴史『大学の組織とガバナンス』書評会」 - 松宮慎治の憂鬱 第2部は4章構成である。第6章ではまず,大学組織の構造…

高等教育の修学支援新制度説明会(大学等向け説明会)に参加して混乱したこと

昨日,標記の説明会の報告をアップしました。 この制度については正直これまで勉強不足でしたので,会場で説明を伺いながら混乱したことがあります。 それは, ・新制度には,①給付型奨学金②授業料減免の2つが含まれているので,この両者を常に区別して考え…

参加報告:高等教育の修学支援新制度説明会(大学等向け説明会)

2019年10月17日(木)13:00~17:00:大阪会場(コミュニティプラザ平野(平野区民センター)ホール)に参加してきました。 他の方が行かない,もしくは行ったのに書いてくれないから自分の義務として内容(メモ)を以下に公開します。 間違いがあったりする…

【ネタばれ無し】朝井リョウという奇才ー『どうしても生きてる』(幻冬舎)を読了―

誰かからサインをもらうということをしたことがなかったのだが,これまでの人生で唯一それをしたのが朝井リョウであった。 2013年,今はなきリブロ池袋店で行われたサイン会で,「『もう一度生まれる』がすごくよかったです」というと,「そうですか,ありが…

2019年9月に読了した小説,評論,エッセイ,漫画

アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した作者: ジェームズ・ブラッドワース,濱野大道出版社/メーカー: 光文社発売日: 2019/03/13メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る社会という荒野を生きる。 (ベスト新書)作者: 宮台真司出…

祝:第1回私立大学職員おしゃべりカフェに参加いただいた方から内定が出ました

以下に参加いただいだ方からある私立大学から内定が出たという連絡をいただきました。 どれほどお役に立てたかはわかりませんが,よかったです。 shinnji28.hatenablog.com

若い人から学ぶ

さきほど,大学職員の大先輩から「神戸教育短大の研修資料を拝見したい」「勉強したい」という連絡を頂戴しました。 大変ありがたく思うと同時に,関連して日ごろ自身が大切にしていることを書き留めておきたいと思います。 それは,「若い人から学ぶ」とい…

御礼:神戸教育短期大学様よりFD・SD研修会での講師をご用命いただきました

お忙しい中参加いただいた教職員のみなさまに感謝申し上げます。 「教員と職員の協働について(前半部:SD研修)」「学生の主体的学びを促す方法について(後半部:FD研修)」と難しい2つのテーマで,逆に私の方が勉強させていただきました。 (なお,資料は…