松宮慎治の憂鬱

タイトルは友人が考えたもので,某アニメのことはわかりません。

バーガー&ルックマン(山口節郎訳)(1977)『現実の社会的構成:知識社会学論考』(新曜社)を読了

標記の本を読了した。 目的は,自身が依拠することの多い社会学的新制度論の基盤となっている,知識社会学の理論を摂取することにあった。 筆者によれば,知識社会学の直接的先駆者となったのは,マルクス主義,ニーチェ,歴史主義という19世紀ドイツであっ…

2019年12月に読了した小説,評論,エッセイ,漫画

年の瀬の音作者:山本 周五郎出版社/メーカー: 現代いろは出版発売日: 2019/12/02メディア: Kindle版働き方の問題地図 ~「で、どこから変える?」旧態依然の職場の常識作者:沢渡 あまね,奥山 睦出版社/メーカー: 技術評論社発売日: 2017/12/27メディア: 単行本…

【出願期間:2020. 1.6(月)-1.8(水)】千葉大学大学院人文公共学府「教育・学修支援コース」社会人特別選抜の実施について

あさがおMLで拝見しました。以下がその抜粋です。 学生の学習支援に関心のある大学の事務職員にとっては,非常に良いのではないかと思ってご紹介です。 (が,出願期間が短いのが気になります) ASAGAOメーリングリストのみなさま,千葉大学大学院人文公共学…

変更届における履歴書/教育研究業績書の提出 ≠ 審査

最新の『教職課程認定申請の手引き(令和3年度開設用)』が既に公開されています。 www.mext.go.jp 「教育課程の変更届」の手続きにおいては,場合により教員の履歴書/教育研究業績書を提出することがあります(『手引き』p.89あたり)。 しかしながら,こ…

スコット.W.リチャード(河野昭三・板橋慶明訳)(1998)『制度と組織』(税務経理協会)を読了

本書は,社会学的新制度主義について,先行研究(経済学,政治学,社会学の各新制度論の差異)→理論的背景→現代の制度理論→経験的研究→有効性の検討→今後の方向性の順に展開して論じたものである。 ただし,独自のオリジナリティがあるかというと,微妙かも…

令和元年度教職課程認定等に関する事務担当者説明会の資料4

こちらの冒頭に,前の手引きからの変更点が示されています。これに気づいておらず,失礼しました。 令和元年度教職課程認定等に関する事務担当者説明会について:文部科学省 毎回このように示してくださるなら,以下の記事のような作業は不要になりそうです…

『教職課程認定申請の手引き』の主な変更点―「平成32年度開設用」(H32)から「令和3年度開設用」(R3)へ

id:samidaretaro 氏が別の仕事に旅立ってしまわれたので代わりに作りました。 氏のように細かくはできないので,不十分で恐縮です。 細かすぎて伝わらない「教職課程認定申請の手引き」の変更点 - 大学職員の書き散らかしBLOG 細かすぎて伝わらない「教職課…

下司ほか(2019)『教育学年報11 教育研究の新章』(世織書房)

本書は,様々な教育〇〇学の論客が集合し,当該分野の近年の動向を提示したレビュー論文集である。 各部の合間には編集委員と執筆者の「座談会」が構成され,初めて分野に触れる方がわかりやすく入り込めるようになっている。 個人的に,教育経済学,教育社…

「たたき台」を作る人は一番えらいが……

先般,以下の記事がTwitterでバズっており,大学の事務職員間でも話題となりました。 note.com 記事の要旨は, ・いわゆる「たたき台」の作成は,ゼロからイチを生成する仕事である ・これが一番大変なので,敬意を払わないといけない ・このことを自覚せず…

2019年11月に読了した小説,評論,エッセイ,漫画

人生に詰んだ元アイドルは、赤の他人のおっさんと住む選択をした (単行本)作者:大木 亜希子出版社/メーカー: 祥伝社発売日: 2019/11/30メディア: 単行本中曽根康弘 - 「大統領的首相」の軌跡 (中公新書)作者:服部 龍二出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: …

(好評につき12月追加開催決定)2019年度河合塾グループIRセミナー「大学教職員のための初歩からのIRワークショップ」

期日が迫っていて申し訳ないのですが,第2回です。 kawaijuku-group-irseminar201912.peatix.com

2019年10月に読了した小説,評論,エッセイ,漫画

ドラフトキング 1 (ヤングジャンプコミックス)作者: クロマツテツロウ出版社/メーカー: 集英社発売日: 2019/08/19メディア: コミックこの商品を含むブログを見るドラフトキング 2 (ヤングジャンプコミックス)作者: クロマツテツロウ出版社/メーカー: 集英社…

『SYNAPSE』70号,「課程認定申請に向けた心がけ」に見る教員と事務職員の協力関係について

小野勝士さん(龍谷大学)の「教職課程認定申請実務入門」の最終回の最後に,さらっと重要なことがまとめられています。 (1)第一人者としての自覚をもつ (2)学内人材を活用することも検討する (3)教員の協力を引き出す (4)記録の教材化 このうち,(…

中井俊樹・宮林常崇編著(2019)『大学SD講座3 大学業務の実践方法』(玉川大学出版部)を読了

本書は,大学の事務職員が大学の業務をどこのように遂行すればいいかについて,広く平易に記載したものである。 本書で,「おっ」と思った箇所が2ある。 1つは,「第3章 基本的な姿勢」の中にあった,「清潔感を常に意識する」の一部である(p.28)。 職場で…

中井俊樹編著(2019)『大学SD講座1 大学の組織と運営』(玉川大学出版部)を読了

標記の本を読了した。 本書では主に,制度,環境,歴史といった「大学とは何か」を平易な言葉で解説するとともに,大学の教員や職員がどのような存在で,どういったステークホルダーからどのようなことが期待されているのか,までが示されている。 簡便性と…

羽田貴史(2019)『大学の組織とガバナンス』(東信堂)の第2部「大学の運営」に関するコメントと疑問点

羽田先生であれば許してくださるだろうと思って,以下の書評会で報告した内容を公開します。 ご案内:8月6日(火)開催 第6回公開研究会「羽田貴史『大学の組織とガバナンス』書評会」 - 松宮慎治の憂鬱 第2部は4章構成である。第6章ではまず,大学組織の構造…

高等教育の修学支援新制度説明会(大学等向け説明会)に参加して混乱したこと

昨日,標記の説明会の報告をアップしました。 この制度については正直これまで勉強不足でしたので,会場で説明を伺いながら混乱したことがあります。 それは, ・新制度には,①給付型奨学金②授業料減免の2つが含まれているので,この両者を常に区別して考え…

参加報告:高等教育の修学支援新制度説明会(大学等向け説明会)

2019年10月17日(木)13:00~17:00:大阪会場(コミュニティプラザ平野(平野区民センター)ホール)に参加してきました。 他の方が行かない,もしくは行ったのに書いてくれないから自分の義務として内容(メモ)を以下に公開します。 間違いがあったりする…

【ネタばれ無し】朝井リョウという奇才ー『どうしても生きてる』(幻冬舎)を読了―

誰かからサインをもらうということをしたことがなかったのだが,これまでの人生で唯一それをしたのが朝井リョウであった。 2013年,今はなきリブロ池袋店で行われたサイン会で,「『もう一度生まれる』がすごくよかったです」というと,「そうですか,ありが…

2019年9月に読了した小説,評論,エッセイ,漫画

アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した作者: ジェームズ・ブラッドワース,濱野大道出版社/メーカー: 光文社発売日: 2019/03/13メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る社会という荒野を生きる。 (ベスト新書)作者: 宮台真司出…

祝:第1回私立大学職員おしゃべりカフェに参加いただいた方から内定が出ました

以下に参加いただいだ方からある私立大学から内定が出たという連絡をいただきました。 どれほどお役に立てたかはわかりませんが,よかったです。 shinnji28.hatenablog.com

若い人から学ぶ

さきほど,大学職員の大先輩から「神戸教育短大の研修資料を拝見したい」「勉強したい」という連絡を頂戴しました。 大変ありがたく思うと同時に,関連して日ごろ自身が大切にしていることを書き留めておきたいと思います。 それは,「若い人から学ぶ」とい…

御礼:神戸教育短期大学様よりFD・SD研修会での講師をご用命いただきました

お忙しい中参加いただいた教職員のみなさまに感謝申し上げます。 「教員と職員の協働について(前半部:SD研修)」「学生の主体的学びを促す方法について(後半部:FD研修)」と難しい2つのテーマで,逆に私の方が勉強させていただきました。 (なお,資料は…

2019年8月に読了した小説,評論,エッセイ,漫画

教育格差 (ちくま新書)作者: 松岡亮二出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2019/07/05メディア: 新書この商品を含むブログを見る採用学 (新潮選書)作者: 服部泰宏出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2016/05/27メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件) を見る…

ご案内:第2回大学職員のための(I)Rゼミナール〜 jamovi編 〜(9月28日(土)開催:博多 リファレンス駅東ビル)

よろしければどうぞ。 第2回大学職員のための(I)Rゼミナール〜 jamovi編 〜(9月28日(土)開催:博多 リファレンス駅東ビル)

論文が出ました:「高等教育研究と計量分析」『教育社会学研究』第104集,pp.29-53.

立石先生(国立教育政策研究所),丸山先生(名古屋大学),速水さん(椙山女学園大学/名古屋大学大学院),中尾さん(広島大学大学院),村澤先生(広島大学)との共著です。 まだオープンアクセスにはなりませんので,抜刷ご入用でしたらご用命いただけれ…

2019年7月に読了した小説,評論,エッセイ,漫画

「%」が分からない大学生 日本の数学教育の致命的欠陥 (光文社新書)作者: 芳沢光雄出版社/メーカー: 光文社発売日: 2019/04/16メディア: 新書この商品を含むブログを見る福岡市が地方最強の都市になった理由作者: 木下斉出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2…

ご案内:8月6日(火)開催 第6回公開研究会「羽田貴史『大学の組織とガバナンス』書評会」

今さらとしか言いようがないのですが,標記の書評会に参加します。 飛び込みでも大丈夫かと思いますので,よろしければお越しください。ぼくの担当は第2部です。 以下のとおり公開研究会を開催いたしますので、ご案内いたします。■日時 2019年8月6日(火)14…

ご案内:IRよろず相談会(広島大学高等教育研究開発センター内研究資源ナショナルセンター主催)について

あまり大々的に宣伝していないのですが,以下のようなイベントを企画しています。 私は行けませんが,よろしければ(当日飛び入りでも)お越しいただければと思います。rihe.hiroshima-u.ac.jp

御礼:第1回私立大学職員おしゃべりカフェの開催について

本日無事開催できました。 参加いただいた方,案内を拡散いただいたみなさまに感謝します。 shinnji28.hatenablog.com