松宮慎治の憂鬱

タイトルは友人が考えたもので,某アニメのことはわかりません。sanjyuumatsu@gmail.com

SPSS → Stata → Rへの移行期間

具体的には次のとおりでした。

2014年:SPSSを使い始める
2016年:修論SPSSを使う
2017年:Stataを使い始める
2018年:Stataで論文を書く
2019年:Rを使い始める
2020年:Rで論文を書く

実際には区切りはグラデーションです。
たとえば,SPSSを使いながらStataを使い始め,Stataで分析しながらRへの移行を試みる,というように。
ただ,こうしてみるとSPSSからRに移行するまで6年もかかっていることに気づきます。
この理由は,1つには,SPSSやStataではできない分析をするまでに,時間がかかっていることにあるでしょう。
何らかの統計分析活動をしていくときに,「メニューやコマンドがないからできない(したがってあきらめる)」ということにはなりません。
SPSSやStataを使っていると,自ずと行き詰まるタイミングが出てきます。
SPSSやStataでは,Aという分析ができない」というよりは,「SPSSやStataでもAという分析はできるけど,その中でXという処理を施したいが,それはできない」ということが多いです。
端的には,本当にやりたいことができないことがままあるのです。
SPSSは心理統計に,Stataは計量経済に開発の思想が寄っています。
たとえば,SPSSはマルチレベルモデリングが得意,Stataはパネルデータの取り扱いが得意,といったように。
わたしの理解では,マルチレベルモデリングもパネルデータも,階層構造を仮定しているという意味で同じと言えますが,ソフトの上では異なるもののようになっているのです。
ですので,思想的に狭間のような分析を試みようとする場合,「帯に短し襷に長し」という状況がよく発生します。
わたしの研究分野である高等教育論は対象学問であり,方法論を別の分野から学習・摂取し,借りてくることがほとんどなので,なおのこと困るケースが自然と増えます。
Rであればできないことがほぼありません(すくなくとも自分のレベルでは)ので,最終的な移行は常に視野に入れていました。
が,習慣というのは恐ろしく,思考の切り替えが必要で,そのために時間がかかったということです。

Rを使う=プログラミングを行う,ということに等しいので,技術的なことを気軽に質問できる環境が大事です。
わたしは,Tokyo.Rというスラックのチャンネルに大変お世話になっています。
Join Tokyo.R on Slack!
もちろん,大学院のメンバーや先生に伺うこともできますが,彼らとて1ユーザですから,「使い方」を質問するのに時間を奪うのは失礼だと思っています。
逆に,分析の結果や解釈といった,ドメイン知識とRの分析技術との紐づけが必要な場面でこそ,色々一緒に議論できると助かるわけですから,単なる「使い方」に労力を割いていただくのは,その意味でも悪手です。
その点,上記のチャンネルは技術的な情報交換に特化しているので,とてもありがたいです。

なお,SPSSやStataには,高価であるというデメリットもあります(ご承知のとおり,Rは無料)。
GUIが優れているのは事実ですし,「できないことがある」といっても,SPSSやStataでもかなりのことは(当然ですが)できます。
が,高価なのは問題です。
SPSSについては,安価な院生版もありますが,院生でないと利用できませんし,院生であったとしても期間限定です。
ただ,ここ数年,jamoviというとんでもない黒船がやってきました。
Rをベースにして開発された統計ソフトですが,SPSSライクな見た目をしており,いってみれば「無料のSPSS」です。
わたしはほとんど使ったことがないから断言はしにくいのですが,jamoviによってSPSSは不要になるのではないでしょうか?
唯一,英語版しかないことがネックかもしれませんが,日本語の解説本も出版されました。

まとめると,統計分析をこれから始めようという方は,

①高度な分析まで視野に入れるなら,いきなりRを使い始める
②どこまでキャッチアップするかわからないなら,とりあえずJamoviを使い始める

の2択でいいのではないかと思っています。
また,新たなソフトをインストールしたくない,Excel上で完結させたい場合は,清水裕士先生が開発されたHADももちろんおすすめです。
norimune.net