松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

広島大学高等教育研究開発センター(RIHE)の先生方の言葉で印象に残っているものベスト3

この半年、広島大学高等教育研究開発センター(RIHE)でお世話になってきたわけですが、ここで先生方の言葉で印象に残っているものベスト3を挙げたいと思います。
ご迷惑おかけすると恐縮なので、誰がということは伏せます。

第3位 統計学は簡単な学問じゃない。すぐにわからなくて当たり前。

一日かけた集中講義の間、色々わからなくて受講生みんなが質問していて、「わからない」「わからない」という言葉が飛び交っていたときの先生の一言です。
この言葉を聞いてはっとさせられました。
つまり、自分は心のどこかで、インスタント的に、簡単に理解しようとしていたのかもしれないと。
しかしながら、何事もそう簡単に理解できるということはありえないわけで。
地道に時間をかけながらやっていくしかないのだと、そういう当たり前のことに気づきました。
ここではたまたま統計学でしたが、たとえ何だろうと、楽をして簡単に理解するなんてことはありえないのだ、ということに改めて気付かされました。

第2位 リーダーシップとオーサーシップは違う。

端的な言葉で、「学長リーダーシップ」論の功罪?を説明されたように感じたのがこの言葉です。
ズバリ、というキレがあって、心に残りました。

第1位 我々は、高等教育の一番の素人である。

ここでいう「我々」というのは、高等教育研究者である先生ご自身であり、参加していた院生たる私たち、のことを指していました。
おっしゃっていたことは、ぼくなりに解釈すると、高等教育研究は何らかのディシプリンをもっているわけではない、法学部や経済学部や理学部や工学部のように、専門教育に直接的に関与しているわけではない、そのことを忘れてはならないという謙虚さでありました。
これまで心のどこかで「職員として高等教育の専門家になるべき」と思ってきた自分がいましたが、それはある種傲慢な姿勢であったことに気づかされました。


以上です。こういった刺激のある環境で過ごせることをありがたく思います。
もしかして言葉と趣旨を取り違えていたら、その責任は私にあります。ご容赦を。