松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

小川正人著『教育改革のゆくえー国から地方へ』(ちくま新書)を読了

他大学の先生にツイッターでおすすめされて読了した。
帯には,センセーショナルに,「2000年以降、激動の理由 食いモノにされる教育行政」という言葉が踊っている。
本書では,55年体制にあって政府自民党が教育政策をどのように決定してきたのか,文部科学省の組織としての特質はどのようなものか,といったことを導入として,第2章からは,90年代からはじまった
「政治主導」についての解説へと進む。
端的にいえば,従来重視されてきた局を単位とする積み上げ型が旧システムとされ,集権化してゆく過程を描く。
また,そういったマクロな話に止まらず,第3章では義務教育における行財政システムが三位一体改革から受けた影響について,かなり詳細に分析している。
いわゆる地方分権改革については別の書籍で読んだことがあるので,大いに頭に入ってきた。

教育改革のゆくえ ――国から地方へ (ちくま新書 828)

教育改革のゆくえ ――国から地方へ (ちくま新書 828)