読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'15広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。Twitter : sanjyuumatsu,e-mail : sanjyuumatsu@gmail.com

読了した文献(42)

◇Lacy, T. A., & Tandberg, D. A. (2014). Rethinking Policy Diffusion: The Interstate Spread of "Finance Innovations". Research in Higher Education, 55(7), 627-649.
◇Cooke and Lang(2009), The effects of monopsony in higher education, Higher Education, 57:623-39
◇田中毎実(2009)「ファカルティ・ディベロップメントの組織化をめぐって」『中部大学教育研究』No.9,pp.9-16.
広島大学高等教育研究開発センター(2004)『FDの制度化に関する研究(1)―2003年大学長調査報告―[大学教育改善の全国調査(学長篇)]』(COE研究シリーズ9)
広島大学高等教育研究開発センター(2004)『FDの制度化に関する研究(2)―2003年大学教員調査報告―[大学教育改善の全国調査(教員篇)]』(COE研究シリーズ10)
◇有本章(1998)「学部教育とファカルティ・ディベロップメント」『高等教育ジャーナル』第3号,pp.76-82.
◇有本章(1999)「学問的生産性とFDの関係―大学改革の視座―」『大学論集』第29集,pp.1-22.
◇有本章(2008)「日本型FDの制度化における問題点と課題」『比治山高等教育研究』第1号,pp.3-18.
広島大学高等教育研究開発センター(2007)「FDの制度化と質的保証〔前編〕」『高等教育研究叢書91』
広島大学高等教育研究開発センター(2007)「FDの制度化と質的保証〔後編〕」『高等教育研究叢書92』
◇安藤幸一(2009)「FD(Faculty Development)を考える―日本型FDの問題点と方向性」『大手前大学論集』第10号,pp.21-31.
◇沖裕貴・林徳治・井上史子(2007)「大学におけるFD(Faculty Development)の義務化とその効果検証の方向性について」『日本教育情報学科第23回年会論文集』第23号,pp.70-73.
◇夏目達也(2011)「大学教育の質保証方策としてのFDの可能性―FDの新たな展開の諸相―」『名古屋高等教育研究』第11号,pp.133-152.
◇坂本昭(2010)「FDの制度化と大学教育」『福岡大学研究部論集A,人文科学編』10(1),pp.7-17.
◇松下佳代(2003)「第5章 FDへの学生参加は何をもたらしたか」『京都大学高等教育研究叢書』15,pp.133-141.
◇神藤貴昭・川野卓二(2008)「全学FDの構造と機能」『大学教育研究ジャーナル』第5号,pp.1-12.
◇村上正行・山田政寛(2012)「大学教育・FDに関する研究における教育工学の役割」『日本教育工学会論文誌』36(3),pp.181-192.
◇中房敏朗(2009)「大学の歴史からみたFD制度化の道程と課題」『仙台大学紀要』Vol.40,No.2,pp.195-220.
◇田口真奈(2007)「FD推進機関における2つの機能」『メディア教育研究』第4巻,第1号,pp.53-63.
◇有本章(1997)「FDの構造と機能に関する専門分野の視点」『大学論集』第26集,pp.1-26.