松宮慎治の憂鬱

タイトルは友人が考えたもので,某アニメのことはわかりません。

辻村深月著『鍵のない夢を見る』(文春文庫)を読了

氏の作品は以前『ツナグ』という映画を見たことがあったのみなのですが、この作品は直木賞受賞作とあったので面白そうだと思って読了しました。
感想ですが、「なぜこんな病んだ作品を読んでしまったのだろう」という気持ちになりました(ほめ言葉です、、)
この作品はいくつかの短編が入っていたのですが、とくに「芹葉大学の夢と殺人」が非常にキました。