松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

読了した文献(18)

◆清家 篤(2014)「私立大学のガヴァナンス」『IDE 現代の高等教育』第557号,pp.4-8.
納谷廣美(2014)「時代を超えて,輝き続けるために」『IDE 現代の高等教育』第557号,pp.9-15.
◆平野俊夫(2014)「大学ガバナンスの難しさ」『IDE 現代の高等教育』第557号,pp.16-21.
清成忠男(2014)「新時代の大学ガバナンス」『IDE 現代の高等教育』第557号,pp.21-25.
◆有川節夫(2014)「九州大学におけるガバナンスについて」『IDE 現代の高等教育』第557号,pp.26-31.
◆谷口 功(2014)「大学のガバナンスの現状と将来」『IDE 現代の高等教育』第557号,pp.32-36.
◆吉村 昇(2014)「秋田大学のガバナンス」『IDE 現代の高等教育』第557号,pp.36-40.
◆猪口 孝(2014)「大学のガバナンス」『IDE 現代の高等教育』第557号,pp.40-44.
◆岡村 甫(2014)「高知工科大学におけるガバナンス」『IDE 現代の高等教育』第557号,pp.45-48.
◆近藤倫明(2014)「北九州市立大学の教学マネジメントとガバナンス」『IDE 現代の高等教育』第557号,pp.49-53.
◆小原芳明(2014)「大学改革,その前にSDS」『IDE 現代の高等教育』第557号,pp.54-57.
◆濱名 篤(2014)「日本の大学のガバナンス」『IDE 現代の高等教育』第557号,pp.58-63.
亀山郁夫(2014)「グローバル化時代の大学とガバナンス改革」『IDE 現代の高等教育』第557号,pp.64-69.