松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

読了した文献(4)

◆清水寛之(2006)「軽度発達障害特別支援教育」『人間文化』第21号,pp.3-10.
国立大学法人東京工業大学(2012)『OECD高等教育における学修成果の評価(AHELO)フィージビリティ・スタディの実施の在り方に関する調査研究』(平成23年度文部科学省先導的大学改革推進委託事業
◆下山晴彦(1992)「大学生のモラトリアムの下位分類の研究―アイデンティティの発達との関連で―」『教育心理学研究』40(2),pp.121-129.
◆沖裕貴(2013)「「学生参画型FD(学生FD活動)」の概念整理について―「学生FDスタッフ」を正しく理解するために―」『中部大学教育研究』No.13,pp.9-19.
◆日本犯罪社会学編集委員会(2004)『計量的研究論文の記述について』pp.1-4.
◆本田寛輔・浅野茂・嶌田敏行(2014)「米国のインスティテューショナル・リサーチ(IR)業務の実態を整理する:説明責任,改善支援,通常業務,臨時業務の観点から」『大学評価・学位研究』第16号,pp.65-81.
◆佐藤仁・森雅生・高田英一・小湊卓夫・関口正司(2009)「大学評価担当者の抱える現場の課題―アンケートの結果から―」『大学評価・学位研究』第9号,pp.63-77.
◆土橋慶章・浅野茂(2015)「評価・IR業務で収集した情報の効果的活用に係る一考察~神戸大学におけるデータ資料集の作成を通じて~」『大学評価とIR』第1号,pp.5-14.
◆末次剛健志(2015)「佐賀大学におけるIRの展開 ~事務担当者の視点から~」『大学評価とIR』第1号,pp.15-18.
◆藤原宏司(2015)「米国におけるIR履修証明プログラムについての一考察」『大学評価とIR』第1号,pp.19-30.
◆嶌田敏行(2015)「ファクトブック作成に向けた大学概要の活用について」『大学評価とIR』第1号,pp.31-38.
◆藤原宏司・大野賢一(2015)「全学統合型データベースの必要性を考える」『大学評価とIR』第1号,pp.39-47.
◆安西祐一郎(2015)「大学の教育・大学の研究・日本の曲がり角」『IDE 現代の高等』No.568,pp.2-3.
◆濱口道成(2015)「学術研究の危機と改革:ノーベル賞と研究支援・若者の自立について」『IDE 現代の高等教育』No.568,pp.4-9.
橋本和仁(2015)「イノベーション政策と大学研究費」『IDE 現代の高等教育』No.568,pp.9-16.
◆谷口功(2015)「大学研究基盤の課題」『IDE 現代の高等教育』No.568,pp.16-21.
◆小安重夫(2015)「大学は今のままで学術研究を担っていけるのか?」『IDE 現代の高等教育』No.568,pp.21-26.
◆勝木元也(2015)「科学研究費審査方式の改革」『IDE 現代の高等教育』No.568,pp.27-32.
◆有本建男(2015)「基盤的経費と競争的研究費の俯瞰的再設計」『IDE 現代の高等教育』No.568,pp.33-38.
◆金田章裕(2015)「人文学の経費と補助金の課題」『IDE 現代の高等教育』No.568,pp.38-42.
海部宣男(2015)「学術研究における共同しよう・大型計画の役割と評価」『IDE 現代の高等教育』No.568,pp.42-48.
◆脇口宏(2015)「高知大学の研究戦略」『IDE 現代の高等教育』No.568,pp.48-51.
◆森口泰孝(2015)「大学の研究費戦略~東京理科大学」『IDE 現代の高等教育』No.568,pp.52-55.
◆宗像恵(2015)「研究・教育に意欲が湧く仕組で研究費獲得推進」『IDE 現代の高等教育』No.568,pp.56-59.
山本進一(2015)「大学の研究費戦略~岡山大学」『IDE 現代の高等教育』No.568,pp.60-63.
◆合田哲雄(2015)「データにみる「研究費政策」の課題と今後の方向性」『IDE 現代の高等教育』No.568,pp.64-69.