松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

仕事を依頼するときのメールのタイトル

やっぱりみんな忙しいので、結論を先に書く、というのが一番いいんじゃないかなと。
具体的には、「タイトル」で中身がほぼ全てわかるように、ということですね。
じゃないと、読み飛ばされたりスルーされたりしますよね。
本文も完結に、補足があるなら最後に、ということも気にしています。
純粋に仕事のやりとりなら、丁寧さも大事ですが、冗長な雰囲気を排除して、1秒で確認できる程度にしたいと考えています。

タイトル:(執筆依頼)『××ジャーナル』巻頭言(〆切:2/16)
本  文:
●●先生

いつもお世話になっております。
過日口頭でお願いしました標記の件につきまして、
別添のとおり依頼申し上げます。
お忙しいところ恐縮ですが、ご検討ください。

【補足】
①・・・
②・・・