松宮慎治の憂鬱

タイトルは友人が考えたもので,某アニメのことはわかりません。

飯尾潤(2007)『日本の統治構造―官僚内閣制から議員内閣制へ』(中公新書)を読了

標記の本を読了した。
筆者の問題意識は,議院内閣制が分権性(≒三権分立)と結び付けられるていることの,国際通用性のなさ,そこからくる独自性への批判(≒どっちつかずの議院内閣制)に帰結している気がした。
ただ,初版が政権交代前であったがゆえに,歴史的分析が55年体制のそれに留まっていることが残念である。
民主党への政権交代,及びその後の再交代を筆者がどう評価されているのか知りたい。

日本の統治構造―官僚内閣制から議院内閣制へ (中公新書)

日本の統治構造―官僚内閣制から議院内閣制へ (中公新書)