松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

できないことを増やす勇気について

できないことを増やす勇気について考えている。
「できないことは、増えているか」と自分に問いながら、増えていればOK、増えていなければアウトだと感じている。
できないことが増えているということは、何らかのチャレンジ、背伸び、トライを意味すると思うからである。
一見、できないことが減っていって、できることばかりになることはいいことだ、という風に考えられる。
しかし、それはもしかしたら、背伸びをしていないことの裏返しかもしれない。
チャレンジ、背伸び、トライをしなかったら、自動的にできないことは減っていって0になる。
これの難しいところは、「できないことが増えると、シンプルにしんどい」というところにある。
できないことが0になったらすごく楽だし、逆に100になったら倒れてしまうかもしれない。
このため、できるだけ、できないことを増やさないでおこう、という気持ちになる。
可能なら、できることだらけで周りを固めたい。その中で満足したい。それが普通である。
そういう自分の本能との葛藤が生まれる。

できないことをどのくらい増やすのか、あるいは増やせるのかというのは、その人の心身の健康状態、能力とのバランスにかかってくると思われるので、「できないことを、増やすべきだ」と他人に強要するのは違うかもしれない。
とはいえ、できないことを増やさずに、できることばかりで自分を固めたとしたら、その結果責任を引き受けさせられるのも、また同じ自分である。
チャレンジはしない、背伸びはしない、トライはしない、でも社会からは相応に評価されたいです、そのような理屈は通用しまい。
そこは、ある程度トレードオフの関係であって、いいとこどりはたぶんできない。

同じ仕事を何年もしていると、絶対にできることが増えていく。
そうした中で、どうやってできないことやわからないことを増やすのか。
なかなか、「こうすればいいのだ!」とは言いにくい。
ぼくは、動機づけとかモチベーションに頼るのは違うと思っていて(なぜならそれらは上下するから)、また目的志向も好きでなくて(現在の自分の能力にその目的が規定されざるをえないから)、
そうしたときに、1つの最適解は、出来事に対する意味づけかなあと思っている。
この仕事には、自分にとってはこういう意味がある。または、社会的にはこういう意義がある。
学生にとっては、こういうことをもたらす、などなどといったことをつらつらと考えている。