読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

平成28年度教職課程認定等に関する事務担当者説明会で聞くべきこと

明日昭和女子大で開催される課程認定の説明会に関連して,職場の参加する同僚向けに作ったものです。
もしよろしければ,ご笑覧ください。
こういった機会にご挨拶したい方も多くいらっしゃるのですが,私は今回参加しません。
ご容赦ください。

①全体を通して
 最も大切なことは,集中して聞くべきところとそうでないところを分ける,ということです。分け方のポイントは,その情報が既知(既にどこかで公開されている)か未知(未だどこでも公開されていない)か,という点です。集中して聞くべきところは,当然のことながらその場で初めて明かされる,未知の情報です。
 既知情報と未知情報は,たとえば次のように考えることができます。
 【既知(既にどこかで公開されている)情報】
  ・『手引き』に掲載されていること
  ・政策文書やそれに準じる刊行物,もしくは改正法で明記されていること
 【未知(未だどこでも公開されていない)情報】
  ・再課程認定申請の具体的なプロセス,たとえば教員審査をどのように行うか等
 上記のことから言えるのは,未知情報を入手するためには,既知情報を予め詳細に把握しておかなければならない,ということです。そうでないと,全てが未知情報に聞こえてしまいます。既知情報としては,少なくとも最新の『手引き』の内容と改正法の動向を十分に把握しておく必要があります。既に『手引き』の変更点や改正法のポイント等の形で,既に配付してきたところですので,これらに十分目を通してから参加してください。

②制度改正について
【既知情報】
・改正免許法の内容は明らかにされました
・また,おおまかなスケジュールについても,『馳プラン』どおりに進んでいます
【未知情報】
・施行規則の内容がまだわかっていません。また,施行規則がいつ示されるのかも,明確にはされていません(おそらく3月頃ではないかと思われますが・・)
・「教職課程コアカリキュラムの在り方に関する検討会」の審議結果がいつ,どのように制度に反映されるかも明らかではありません。森山先生は来年の6月頃に検討結果を示すと仰っていますが,それだと施行規則に反映されない可能性が高いので,制度上どのような効力を持ちうるか不明です

③教職課程認定申請手続に係る留意事項について
【既知情報】
・2017年度申請,2018年度審査,2019年度新課程スタートです(馳プランどおり)
【未知情報】
・再課程認定申請の具体的プロセスは,全く明らかではありません。おそらくは次年度に何度か全国で説明会を行うものと思いますが,内容が現時点でどの程度決まっているのか,知る必要があります