松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

読了した文献(19)

◆長田豊臣(2014)「新しい大学のマネジメント」『IDE 現代の高等教育』第562号,pp.4-9.
◆合田隆史(2014)「大学経営人材の養成」『IDE 現代の高等教育』第562号,pp.10-13.
◆上杉道世(2014)「大学経営人材の育成の展望」『IDE 現代の高等教育』第562号,pp.14-19.
◆出口喜昌(2014)「私立大学の自主性を担保する「自立性の確立」のために」『IDE 現代の高等教育』第562号,pp.19-23.
◆小出秀文(2014)「私立大学経営人材の養成 偶感」『IDE 現代の高等教育』第562号,pp.23-27.
◆福留東土(2014)「東京大学経営・政策コースにおける大学経営人材」『IDE 現代の高等教育』第562号,pp.27-31.
◆吉武博通(2014)「履修証明プログラムを通した人材育成」『IDE 現代の高等教育』第562号,pp.31-34.
◆高橋真義(2014)「大学経営人材の養成~桜美林大学の取組・事例」『IDE 現代の高等教育』第562号,pp.35-39.
◆伊藤彰浩(2014)「名古屋大学高等教育マネジメント分野」の現状と課題」『IDE 現代の高等教育』第562号,pp.39-43.
◆秦 敬治(2014)「次世代リーダー養成ゼミナールによる大学経営人材の養成」『IDE 現代の高等教育』第562号,pp.43-48.
◆小島 徹(2014)「体験的経営人材養成論」『IDE 現代の高等教育』第562号,pp.48-52.
◆加藤 毅(2014)「大学マネジメントを発明する」『IDE 現代の高等教育』第562号,pp.52-55.
◆高野篤子(2014)「アメリカの博士課程におけるリーダー養成プログラム」『IDE 現代の高等教育』第562号,pp.56-61.
◆吉田 文(2014)「大学院における大学経営人材―イギリスIOEの事例―」『IDE 現代の高等教育』第562号,pp.62-71.