松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

読了した文献(11)

◆日野純一(2015)「京都産業大学「建学の精神」の一考察」『京都産業大学教職研究紀要』第10号,pp.1-22.
◆植松茂男・佐藤玲子・伊藤摂子(2015)「小学校英語活動の成果と課題」『京都産業大学教職研究紀要』第10号,pp.49-62.
◆天野郁夫(2005)「変貌する大学の教員組織」『IDE 現代の高等教育』第471号,pp.5-12.
◆大﨑仁(2005)「大学の教員組織を考える」『IDE 現代の高等教育』第471号,pp.12-16.
◆寺﨑昌男(2005)「大学教員の職名・職務はどう規定されてきたか」『IDE 現代の高等教育』第471号,pp.17-23.
◆加藤毅(2005)「大学の教員養成と助手制度の改革」『IDE 現代の高等教育』第471号,pp.24-28.
◆小林信一(2005)「大学教員とその組織」『IDE 現代の高等教育』第471号,pp.29-35.
◆藤田幸男(2005)「経営からみた教員」『IDE 現代の高等教育』第471号,pp.36-40.
◆有本章(2005)「日本の大学教員」『IDE 現代の高等教育』第471号,pp.40-44.
◆舘昭(2005)「アメリカの大学教員組織」『IDE 現代の高等教育』第471号,pp.45-51.
◆安原義仁(2005)「イギリスの教員と教育組織」『IDE 現代の高等教育』第471号,pp.51-57.
◆別府昭郎(2005)「ドイツ大学の教員組織改革」『IDE 現代の高等教育』第471号,pp.57-61.
◆小松親次郎(2005)「大学教員組織改革の制度的構想」『IDE 現代の高等教育』第471号,pp.61-67.