松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

教職課程の学生同士の学び合いに向けた試み(6)途中経過

教職課程の学生同士の学び合いに向けた試み(1)問題意識 - 松宮慎治の憂鬱

教職課程の学生同士の学び合いに向けた試み(2)問題意識② - 松宮慎治の憂鬱

教職課程の学生同士の学び合いに向けた試み(3)目的 - 松宮慎治の憂鬱

教職課程の学生同士の学び合いに向けた試み(4)方法 - 松宮慎治の憂鬱

教職課程の学生同士の学び合いに向けた試み(5)方法② - 松宮慎治の憂鬱

最後に、この取組みの途中経過を記しておきたいと思います。

①免許教科(横)と学年(縦)を越えた繋がりを強化し、学び合いを促進する

自大学だけでなく他大学の学生とも学び合う

この2つがやりたかったわけですが、結論からいうと、前者についてはその芽が出つつあり、後者はうまくいっておらず、未着手です。

 

①免許教科(横)と学年(縦)を越えた繋がりを強化し、学び合いを促進する

こちらについては、まず現4年次生が先鞭をつけてくれました、特に社会科の4年次生は、積極的に模擬授業を公開したり、教員採用試験直前には夜遅くまで教職教育サポート室で勉強したりして、とてもよく頑張ってくれました。なかなか良い結果には繋がりませんでしたが、このことは必ず財産になります。次年度以降に生かせるだけでなく、いい思い出になるでしょう。

4年次生が雰囲気を作ってくれたところに、3年次生と2年次生が乗ってきてくれました。

3年次生のある学生は、2年次生のために、「介護等体験の勉強会をしたい」と言ってくれました。次年度介護等体験に行く2年次生のために、自らの経験を伝えたいというのです。私はなんて素晴らしいことを言うんだと感じて、「ぜひやろう」と言い、教職課程を履修する学生に対するお知らせの配信や、ホームページでの宣伝協力を行いました。併せて「もしかしたら、そんなに人は来ないかもしれないけど、落ち込むな。とにかくやればいいんだ」ということを伝えました。当日は人の集まりは全然でしたが、きっちりやりきってくれました。日時を土曜日の夕方に設定する等、色々な工夫をしたのに、参加者が少なかったことに失望してしまったかもしれませんが、計画を立てて、やりきったと。そのことに大きな価値があると考えています。「やる」と言いながら実際にはできない、そういうことも多い中で、「やる」と宣言して実際に小規模でもいいからやる、こういうことは大きな価値を持ちます。

続いて、2年次生のある学生は、教職のサークルを作りたいと言ってくれて、助走として教員の力を借りつつ、勉強会を何度か開催しました。中身は、実際に採用された卒業生を招いてお話を伺うというものです。こうした2年次生の動きに3年次が乗ってきて、一緒に活動するかどうかを相談して、結局一緒にサークルを作りました。今では、水曜日の昼休みを定例のミーティング、火曜日と金曜日の講義終了後の時間帯を勉強会にあてています。

2年次生と3年次生では、やりたいことが少し異なるようですが(当たり前のことですけど)、今のところ上手に折り合いをつけなかがら、相乗効果を出せるように頑張っています。こうして学年も越えてくるようになりました。

 

自大学だけでなく他大学の学生とも学び合う

こちらについては、私のコネを使って働きかけを行っているのですが、なかなかうまくいきません。少しずつかな、と思っていますので、一緒に何かしてくださる、という大学関係者の方がいれば、ご一報ください。

一応、私が想定しているのは、主に一緒に模擬授業をやったり、あるテーマ(なぜ教員になりたいか、どんな教員になりたいか、いじめ、体罰、部活動等)を元にワークショップをやったりするなどして、多様な考え方に触れると同時に、モチベーションを高めていく、ということです。

バイトや部活動以外のところで生まれる関係を、学生に提供したいと考えています。

 

以上が取組みの現状です。