読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

『阪神教協リポート』No.39(2016.4.1)に,拙稿「教職課程認定にかかわる実務と課題」を掲載いただきました

阪神教協リポート』No.39(2016.4.1)に,拙稿「教職課程認定にかかわる実務と課題」を掲載いただきました。
お世話になっている方に抜き刷りをお送りする,ということを初めてしました。
途中から,お送りする相手のお名前は,自分の名前より上に書くべきだ,ということに気づいたりして,色々と反省しました。
また若干予備がありますので,ご要望あればお申し付けください。
なお,最終的には阪神教協ホームページの阪神教協リポート欄に,バックナンバーとしてPDFが掲載されます。
http://www.hanshinkyokyo.jp/

内容の概要は以下のとおりです。

3年間の教職課程認定申請の業務経験をもとに,(1)行政の評価は外形基準であるから,技術的に対応できる部分もあること(2)認定可を得るためのポイントは,実は明確であること(3)要求されているのは教職課程の質保証であり,課程認定・変更届・実地視察といった仕事の種類に関係なく,必要なことは同一であること,の3点を報告した。