松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

読了した文献(25)

◆小方直幸(2015)「第1章 大学教育の組織的実践の視角と小学校教員養成という文脈」『大学教育の組織的実践―小学校教員養成を事例に―』(高等教育研究叢書129),pp.1-17.
◆村澤昌崇(2015)「第2章 小学校教員養成を担う大学の特性」『大学教育の組織的実践―小学校教員養成を事例に―』(高等教育研究叢書129),pp.19-38.
◆高旗浩志(2015)「第3章 小学校教員養成の専門性とプログラムの独自性」『大学教育の組織的実践―小学校教員養成を事例に―』(高等教育研究叢書129),pp.39-63.
渡邊隆信(2015)「第4章 小学校教員養成プログラムの特質と展開」『大学教育の組織的実践―小学校教員養成を事例に―』(高等教育研究叢書129),pp.65-91.
◆小方直幸(2015)「終章 今後の小学校教員養成研究に向けて」『大学教育の組織的実践―小学校教員養成を事例に―』(高等教育研究叢書129),pp.93-97.
◆金子元久(2010)「キャリア教育―小道具と本筋」『IDE現代の高等教育』第521号,pp.4-10.
小杉礼子(2010)「キャリア形成の視点からみた大学教育」『IDE現代の高等教育』第521号,pp.10-15.
◆川﨑友嗣(2010)「関西大学 総合大学における標準型キャリア教育の展開」『IDE現代の高等教育』第521号,pp.16-20.
◆加野芳正(2010)「香川大学 地域連携型キャリア支援センターの新機軸」『IDE現代の高等教育』第521号,pp.21-26.
◆加藤 毅(2010)「職員主導によるキャリア教育の転換」『IDE現代の高等教育』第521号,pp.26-31.
◆大江淳良(2010)「“キャリア○○”の氾濫と混乱」『IDE現代の高等教育』第521号,pp.31-36.
本田由紀(2010)「大学でキャリア教育が可能なのか」『IDE現代の高等教育』第521号,pp.36-41.
◆井上 洋(2010)「企業が求める人材像とキャリア教育」『IDE現代の高等教育』第521号,pp.42-45.
◆林 揚哲(2010)「キャリア教育への期待 社会人基礎力育成を軸に」『IDE現代の高等教育』第521号,pp.46-49.
◆小方直幸(2010)「人事担当者の大学教育観」『IDE現代の高等教育』第521号,pp.50-55.