松宮慎治の憂鬱

タイトルは友人が考えたもので,某アニメのことはわかりません。

【ネタばれなし】吉村昭(1989)『漂流』(新潮文庫)を読了

標記の本を読了した。
江戸時代の漁師が難破し,10年以上を無人島で過ごすお話。
日本版のロビンソン・クルーソーとも呼ぶべき鬼気迫る作品。
おそらく,実話にもとづくフィクション。

漂流 (新潮文庫)

漂流 (新潮文庫)