読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

平尾智隆・梅崎修・松繁寿和編著『教育効果の実証―キャリア形成における有効性』(日本評論社)を読了

昨年度の高等教育学会にお越しになっていた松繁先生と,法政大学の梅崎先生による研究グループによる成果である。
本書では教育効果について,まずは大学院教育と社会人大学院教育について実証されている。
しかし章立てと副題からもわかるように,より中心となっているのは就職活動,たとえば志望業界の変更とその変遷が就活にどのような影響を与えるのかといったことや,リクナビ等の就職活動関連の情報について,その活用と就活とがいかなる関係にあるのか,といったことである。
「おわりに」において,実証研究に耐えうる統計データがないこと(本当は,その背後で調査が行われているにもかかわらず,利用できないこと),このため分析可能な統計データを丁寧に集めたことが吐露されている。
そうした事情から,本書で示されている教育効果としての従属変数にはさまざまなものがある。

教育効果の実証:キャリア形成における有効性

教育効果の実証:キャリア形成における有効性

自分も参考にできるものがないかな・・と思いつつ拝読したが,実際のところ難しいというのが本音である。
複数の指標を立てて,できるだけ他の要因を統制すること,そしてアウトプットを示すことの難しさと限界を述べること,このような対処の方法しか今のところ解決策が見当たらない。