読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

権限がないとやりたいことができないという仮説について

職場において、「このレベルのことは自分では決められない」といった言説を聞くことはないだろうか。
あるいは、「やりたいことができるようになるためには、えらくならないといけない」、もしくは「今は平社員だから、やりたいことができない」等と。
こういったときの「レベル」「えらい」といったときに、想定されている対象は「役職」であろう。
つまり、権限は「役職」に伴って付与されていると考えられているのである。

しかしながら、この仮説には疑問がある。
個人的には、むしろ逆なのではないか?と感じるのである。
というのも、役職が付与されるということは、自分の意見の主張よりも、周囲の利害関係の調整を優先させるということだからである。
役職が上位になると部門を越えたコミュニケーションが増える。
そうすると、むしろ自分のやりたいことなど放っておいて、他の人がやりたいことをどう止揚するか、が最大のミッションになってしまう。

リーダーシップとオーサーシップは違う。
権限は、権威か、リーダーシップか、その両方か。
難しい問題だが、自分のやりたいことを保証してくれるのは、多分権威ではなくリーダーシップであろうとは思う。
センゲは、リーダーシップはあらゆる階層で求められると言っている。

学習する組織――システム思考で未来を創造する

学習する組織――システム思考で未来を創造する

すなわち、立場やレベル、権威の有無にかかわらず、各々がリーダーシップを発揮することが望ましいのである。

以上のことから、冒頭のような言説を支持している方は、いつかとんでもない現実にぶち当たる可能性がある。
具体的には、「役職(権限)が付与されたにもかかわらず、やりたいことができない」という状態である。
「役職(権限)があればなあ」と思いながら過ごしていたら、役職が付与されても実はやりたいことができず、ぼくの仮説が正しければ、むしろ以前よりやりたいことができなくなってしまうのである(元々できていなかったという前提があるにもかかわらず)。
実におそろしいことである。
やりたいと思ったことは、次々にやった方がいい。
それが認められるかどうかは、たしかにわからない。
しかし認められない理由は、役職や権限がないことだけに求められない。
組織文化や、普段の自分の行いや実績、コミュ力など、様々な変数が絡み合った結果である。やりたいことをやらずに未来に期待し続けて過ごすのも悪くないが、「いつかやれたらなあ」等と思いながら職業人生を終えてしまったら、それは夢の中を歩いていたことと同じである。
それをよしとするかどうかは、その人の価値観による。