読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'15広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。Twitter : sanjyuumatsu,e-mail : sanjyuumatsu@gmail.com

「入学の前と後で、私こんなに変わりました」系の大学広報について

私論

先日、JRの三ノ宮駅でまじまじと見てしまった大学の広告を紹介したい。
それは神戸松陰女子学院大学の広告である。

この広告では、beforとafterが写真で載っているが、一見して左右の人物は全く同じに見える。
しかしながら、よく見ると下の方に次の言葉が配置されている。

変わっているのは、中身です。

beforとafterが併置されていたら、心理的には見比べてしまう。
また、見比べたときに全然違いがなかったら、どこが違うのだろう?と思ってより見てしまう。
それで、最後に小さく書かれた前述の文字が目に入る。
小さく書かれた、というのは、強調するよりも人の心に訴えるかもしれない。
最後に、「この大学は見た目じゃなくて、中身の大学なのだ」ということが、ストンと腹落ちした気持ちになれる広告であった。