松宮慎治の憂鬱

タイトルは友人が考えたもので,某アニメのことはわかりません。

横山秀夫著『陰の季節』(文春文庫)を読了

なんだかずいぶん前に読んだことがある気がするなーと思いながら、買ったので再度読んでしまいました。
4つの短編が入っているのですが、表題作は第5回松本清張賞を受賞していたみたいです。
横山秀夫さんはいろいろなジャンルの小説書かれてますが、警察モノはすごく安定感もあって面白いですね。
ドロドロした暗いものを読みたいと思ったときに最適です。
警察ものといっても、事件を解決とかそういうのよりも、組織内の理不尽が焦点になっていることが多いようです。

陰の季節 (文春文庫)

陰の季節 (文春文庫)