松宮慎治の憂鬱

タイトルは友人が考えたもので,某アニメのことはわかりません。

各種お問い合わせは,こちらにお願いします。→ sanjyuumatsu@gmail.com

以前,教職課程や再課程認定関連の照会をいただいていましたが,継続します。
また,このことに限らず,お気軽にご連絡ください。
shinnji28.hatenablog.com

匿名で相談されたい方はこちらへ。
回答はツイッターでシェアされます。
peing.net

Peter Landesman監督作品(2017)『コンカッション』を鑑賞

標記の映画を鑑賞した。
アフリカ出身の医者がNFLの選手のタックルが,重篤な障がいをもたらすことを明らかにし,既得権益と戦うというお話。
実話にもとづくらしく,本当なのかと驚く。

辻村深月(2018)『家族シアター』(講談社文庫)を読了

標記の本を読了した。
7つの短編が収録されているが,そのすべてがスキルフルである。
そのテーマと相まって,限りなく重松清っぽい。

家族シアター (講談社文庫)

家族シアター (講談社文庫)

朝井リョウ(2016)『ままならないから私とあなた』(文藝春秋)を読了した

標記の本を読了した。
2本の中編が収録されている。
ややプロットありき(それで終わり)に見えたのが気になった。

ままならないから私とあなた

ままならないから私とあなた

ディル・ドーテン(野津智子訳)(2002)『仕事は楽しいかね? 2 』(きこ書房)を読了

標記の本を読了した。
たしかに面白いのだが,個人的には1の方が上だった。
しかし素晴らしいシリーズであることは間違いない。

仕事は楽しいかね?2

仕事は楽しいかね?2

shinnji28.hatenablog.com

モチベーションで飯は食えない

peingでいただいた質問

本日,peingで以下のような質問をいただきました。
今猛烈にやる気が出ないのですが、モチベーションを維持するためにどんなことをしていらっしゃいますか? | Peing -質問箱-
回答は次のとおりです。

元々やる気はないタイプなので、あんまりやる気には頼らないようにというか、自分はやる気のないクズ人間という前提でコントロールしてます。まあ、色々な方法で、強制的にやらざるをえない状態に持っていくって感じですかね。

モチベーションに期待しすぎ

ぼくは以前からモチベーションを過剰に信仰する人に違和感を抱いています。
というのも,モチベーションというのは上下するので,信頼できないし,期待できないと思うからですね。
もちろん,モチベーションがあることによって物事が前向きに進む,みたいなこともあると思います。
しかしそれは,ひょっとしたらモチベーションがなかったら後ろ向きになっちゃうってことかもしれないですね。
モチベーションで飯は食えないです。
モチベーションにもとづいた何らかの成果で,飯を食えるわけですね。
ですので,やる気があろうがなかろうがどうでもいいと感じます。
むしろ,「やる気はめちゃくちゃあるが,成果は出ない」みたいなパターンがあると厳しいですね。

コントロールするコツは習慣化

これはもう陳腐すぎる話ですが,モチベーションに頼らないようにするためには,習慣化がいいと思います。
その点仕事は結構楽で,その場所に行けば仕事をすることになる。
これを応用して,修士のときは毎週西条に行っていました*1
今考えたら頭がおかしいと思いますが,場所に自分を縛りつけてたんです。
そうしたら3年目くらいから,「移動は体力を消耗するから,その分自宅でした方が早いな」と感じるようになりました。
これが習慣化だと思います。
大事なのはここで,どのように習慣化するかというのは,人によって違うと考えられます。

人間にはダラダラする時間が必要

一方で,「とにかく机に向かえ!そしたらやる気が出る!やる気というのは初めからあるんじゃなくて,あとから湧いてくるもんだ!」みたいな話も,しんどいなと思います。
人間が一日に使えるHPとMPは大体決まっていると思うからですね。
特にMPを回復させるなら,無為な時間を過ごすことも必要じゃないかなと思っています。

*1:もちろん授業とかもありましたが,別に行かなくていいときも行ってたので。

【ネタばれなし】ウェス・アンダーソン監督作品『グランド・ブダペスト・ホテル』を鑑賞

標記の作品を鑑賞した。
高級ホテルのコンシュルジュとベルボーイの交流を描いた作品だが,時代背景が古く,映像がきれい。

柚木麻子(2012)『けむたい後輩』(幻冬舎文庫)を読了

女子大における,先輩,後輩,幼馴染の人間模様を,女性のプライドと劣等感を鍵に描いた作品。

けむたい後輩 (幻冬舎文庫)

けむたい後輩 (幻冬舎文庫)