松宮慎治の憂鬱

タイトルは友人が考えたもので,某アニメのことはわかりません。

ウーバーイーツを使ってみた@神戸

1週間と少し前,ウーバーイーツを使ってみた。
ウーバーイーツとは,素人が色々な飲食店の料理を自転車で運んでくれるサービスであり,アプリひとつで注文が可能である。
www.ubereats.com
大体この手のサービスは東京から始まる。
最初に興味をもったときは,関西ではまだサービスが開始されていなかった。
が,2ヵ月ほど前に京都に行った際にウーバーイーツの自転車が走っていて,お,関西でも行けるようになったのかと思い,調べると神戸でもローンチされたとのことで,試しに使ってみたのである。

結論から言うと,非常によかった。
お試しということで,マクドナルドに月見バーガーセットを発注し,配送料含めて1,100円,20分程度で届いた。
届くまでの間,素人の配達人の位置情報がナビで示され,あと何分で着くのか教えてくれる。
実は当初,自宅住所を登録していなかったのだが,途中で自宅を登録し,LINEのようなメッセージ画面で,「目の前のマンションです」等と送って配達人とコミュニケーションをとり,玄関の前まで来てもらった。
そういうコミュニケーションがとれるサービスである。
もちろん,自宅住所を登録していれば何もせずとも玄関まで来てくれるし,クレジットを登録するので現金を払う必要もない。
配達後は,配達人の評価をユーザが行うことになっている。

せっかくなので,配達してくださったお兄さんに色々聞いた。
その方もぼくの発注が初めてだったそうで,勝手はわかっていなかったようだ。
1回の配達でいくらもらえるのか聞いたら,500円くらいじゃないですかね?とのこと。
配達人側も,動けるときにアプリを開いていたら注文が届き,受けるかどうか決めるらしい。
つまり,たとえば家で読書をしながらアプリを開いておき,依頼が来たら配達に走る,という行動をとることができるのである。
これはバイトとしてかなり画期的ではなかろうか。

一つデメリットがあるとすれば,先方も素人,こちらも素人ということで,個人情報やリスクをどのように管理するかという問題はあるだろう。
そこのあたりの仕組みは,配達人の評価以外に何が組み込まれているのか,気にかかるところである。
月見バーガーセットに1,100円は高いと思われるかもしれないが,一回されてみるといい。
思いのほか快感である。