松宮慎治の憂鬱

タイトルは友人が考えたもので,某アニメのことはわかりません。

伊神満(2018)『「イノベーターのジレンマ」の経済学的解明』(日経BP社)を読了

本書はご存知,クリステンセンによる『イノベーションのジレンマ』を,経済学的見地から実証的にサポートしたものである。
クリステンセンによるそれは,

「テーマと事例は面白いが、理論も実証もゆるゆるだ。経済学的に煮詰める必要がある」

からである。
本書の冒頭ではまず,イノベーションがいかにして起こるか,あるいは怒らないか,その阻害要因は何か,といったことについて,「共喰い」「抜け駆け」「能力格差」という3つのキーワードで説明する。
その上で,具体的なデータ分析(相関,回帰,機械学習,対照実験,反実仮想シミュレーション)により,「ジレンマ」の解明を試みる。
本書の結論は以下のとおりである。

①既存企業は、 たとえ 有能で戦略的で合理的 であったとしても、新旧技術や事業間の「共喰い」がある限り、新参企業ほどにはイノベーションに本気になれない。(イノベーターのジレンマの経済学的解明) ②この「ジレンマ」を解決して生き延びるには、何らかの形で「共喰い」を容認し、推進する必要があるが、それは「企業価値の最大化」という株主(つまり私たちの家計=投資家) にとっての利益に反する可能性がある。一概に良いこととは言えない。(創造的「自己」破壊のジレンマ)
③よくある「イノベーション促進政策」に大した効果は期待できないが、逆の言い方をすれば、現実のIT系産業は、丁度良い「競争と技術革新のバランス」で発展してきたことになる。これは社会的に喜ばしい事態である。(創造的破壊の真意)

個人的には,データ分析の章の説明がわかりやすく,勉強になった。
というのも,おそらくこの本は一般の読書に向けて書かれたもので,計量経済学のオーソドックスな解説はかなり省略しつつ,語り掛けるように解説してくれているので。
もちろん,わかりやすいことが全てではないが,勉強中の身にはありがたかった。

「イノベーターのジレンマ」の経済学的解明

「イノベーターのジレンマ」の経済学的解明