松宮慎治の憂鬱

タイトルは友人が考えたもので,某アニメのことはわかりません。

コンラート・パウル・リースマン(斎藤成夫/斎藤直樹訳)(2017)『反教養の理論:大学改革の錯誤』(法政大学出版局)を読了

標記の本を読了した。
本書は,オーストリアの哲学者による新自由主義的大学改革の批判本である。
章立ては次のとおり。

第1章 億万長者になるのは誰か、あるいは知っておかなければならないことのすべて
第2章 知識社会は何を知っているか?
第3章 教養・半教養・反教養
第4章 PISA――ランキングという妄想
第5章 知識にはどれくらいの重みがあるか?
第6章 ボローニャ――ヨーロッパ高等教育圏の空虚さ
第7章 エリート教育と反啓蒙
第8章 差引勘定の結果としての知識の価値
第9章 教育改革との決別

最近日本でも,『反「大学改革」論』(ナカニシヤ出版),『大学改革という病』(明石書店)といった,大学改革批判本が寄せられるが,本書の原書出版は2006年であり,10年早い。

反教養の理論 (叢書・ウニベルシタス)

反教養の理論 (叢書・ウニベルシタス)

反「大学改革」論:若手からの問題提起

反「大学改革」論:若手からの問題提起

  • 作者: 藤本夕衣,古川雄嗣,渡邉浩一,井上義和,児島功和,坂本尚志,佐藤真一郎,杉本舞,高野秀晴,二宮祐,藤田尚志,堀川宏,宮野公樹
  • 出版社/メーカー:カニシヤ出版
  • 発売日: 2017/06/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
「大学改革」という病――学問の自由・財政基盤・競争主義から検証する

「大学改革」という病――学問の自由・財政基盤・競争主義から検証する