松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

再課程認定申請書の提出単位について

自分自身がしばらくわからなかったため,困っていました。
自明のことかもしれませんが,提出直前に混乱された担当者の方のお役に立ちますように。

・申請書の単位は法人ではなく,学校である
・学校が併設している場合は1冊,併設していない場合は別冊である
・すなわち,まとめると以下の2パターンになる
 (1)4年制大学(大学院,専攻科,短期大学部,教職特別課程,通信教育課程を含む)で1冊。タイトルは「○○大学再課程認定申請書」
 (2)短期大学(専攻科,通信教育課程を含む)で1冊。タイトルは「○○短期大学再課程認定申請書」
 →短期大学には,大学院,短期大学部,教職特別課程はないと思われるので,このようになる
・各様式は課程の種類ごとに必要(手引きp.24)なので,たとえば,上記(1)において「学部学科等における課程」と「大学院研究科専攻等における課程」を申請する場合,それぞれについて各様式の提出が必要となる
→「学部学科等における課程」と「大学院研究科専攻等における課程」は,仕切り紙によって区切るとわかりやすい