松宮慎治の憂鬱

タイトルは友人が考えたもので,某アニメのことはわかりません。

【再課程認定】「シラバス」「業績書等」の提出パターンを更新しました(2017.11.13)

以下のとおり,更新しました。
最下部の更新部分をご確認ください。
shinnji28.hatenablog.com

以前示した自身の疑問を,上記の更新で解決したつもりです。
shinnji28.hatenablog.com

ところで,11月2日(木)に配信された最新版で,この「シラバス」「業績書等」の提出パターンが大幅に更新されていました。
上記の枠組みが未だ適用可能か検証中です。ご利用は自己責任でお願いします(あんまりこれ書きたくないんですが,さすがにこの時期にここまで表現が変わると,不安になります)。
しかし,ほぼ問題なさそうです。ここにきて突然提出を要する書類が変わるわけもありませんので。
ただ,最新版の記述は意味がわからないという方も多かろうと思います。
ありていに言うなら,より精緻に,漏れのないようにと考えた結果,詳細すぎて極めてわかりにくくなってしまった,というのが私の感想です。
たとえば,いきなり定義なく登場した「事項①」「事項②」の意味がわからず,私自身も他大学の友人の助言で理解しました。
あの「事項①」「事項②」というのは,当該頁で対照するためだけのツールであるようです。
その一方,「事項」というのは施行規則で用いられる言葉ですから,あの用いられ方では混乱を来してしまいます。
最低限,初出の前に定義もしくは表の参照方法の説明が必要です。
率直にいって,この時期に手引きを(かつての大学入試のように)読み解かなければいけない状況は,あまりにも厳しいです。
途方に暮れてしまった方をフォローすべく,「サルでもわかるシリーズ」を11月中にアップすることをお約束します。
最初にすべきことは,いったいその言葉が何を指すのか,用語の定義づけを確認していくことかもしれません。