松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

なしたいコトと原体験(2)橘紳士

shinnji28.hatenablog.com
このホームカミングデーに参加した当時の自分は,職場でイヤなことがありすぎて毎日「辞めたい」と思っていました。
しかし,過去の自分に笑われている気がしたこの日から,スイッチを入れることに決めました。
具体的には,仕事で「圧倒する」ことを求め始めました。
ところで,大学職員という仕事を10年近くやってきて思うのは,少なくともこの業界において,なんであれ特定の分野でほぼトップになることは,そう難しくないということです。
具体的には,裾野には多くの人がひしめき合っているが,少し努力して山を登れば全然ライバルがいなくなるイメージです。
その過程で気づいたのは,以下の4つです。

(1)そもそも,皆そういう意識で働いているわけではない。むしろ,総合職としての異動があるから,特定の分野に精通することへのネガティブイメージすらある(だから簡単である)
(2)大抵の人は,チャンスを与えられてもスルーする(フットワークの軽さが重要である)
(3)分野のトップかどうかは,自分ではなく市場が決める(自己評価はさして重要ではない。自分のモチベーションのコントロールに使うだけ)
(4)自分の強みが何か(1流の人の力を借りることや,2~3流の能力を平均的に掛け合わせること)

その上で,さらに「明らかに難しい」と思える場に身を置いて,さらに成長する必要性を感じていたので,大学院に行ったという流れです。
そして,「普通そこまでやらんやろ」という意味で,博士後期に進学したということになります(自分の中では,修士の延長的な感覚もあるけれど)。