松宮慎治の憂鬱

タイトルは友人が考えたもので,某アニメのことはわかりません。

貫井徳郎著『後悔と真実の色』(幻冬舎文庫)

標記の本を読了した。
最初の方は一見通常の警察小説なのだが,途中からの急展開,さらに最後のどんでん返しには驚いた。
山本周五郎賞受賞作品。

後悔と真実の色

後悔と真実の色