読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'15広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。Twitter : sanjyuumatsu,e-mail : sanjyuumatsu@gmail.com

市川昭午著『高等教育の変貌と財政』(玉川大学出版部)を読了

読書(大学)

標記の本を読了した。
筆者は,高等教育財政について,「国または地方公共団体が高等教育に関する目的を達成するために必要な財源を確保し,公共経費として配分し,管理する活動」と定義している。
この定義に基づき,論点として「支出論」「負担論」「受給論」の3つが提示され,家計負担や構造変動,大学評価との関連の中で財政問題が議論される。

高等教育の変貌と財政

高等教育の変貌と財政