読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

【ご案内】大学改革研究会 2016年度第1回ワークショップ開催のご案内(10/16@中央大学 後楽園キャンパス)

もしよろしければ,どうぞ。
非会員でも参加可能です。
しかし,第1回なんですね・・・?

大学行政管理学会会員 各位

■配信者
大学改革研究会  代 表 山咲 博昭(関西大学
         副代表 松田 優一(関西大学
             森川 一揮(関西福祉科学大学

 
標記の件について、下記のとおり研究会を開催いたしますので、
ぜひご参加ください。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

大学行政管理学会 大学改革研究会 第4回ワークショップ

「広報のタネ」を見つける
 ~自分の仕事からつながる大学のブランディング

を開催いたします。

会員・非会員を問わず、多数のご参加をお待ちしております。
また、ワークショップ終了後には、懇親会(参加任意)を開催いたしますので、
是非ご参加ください。

【日時】2016年10月16日(日) 13:00~17:00(受付開始12:30)
 ※終了後、17:30より会場付近飲食店にて講演者を交えた懇親会を行います。

【場所】中央大学 後楽園キャンパス 6号館7階 6701教室
    東京都文京区春日1-13-27
   (アクセスマップ)http://www.chuo-u.ac.jp/access/kourakuen/

【定員】30名

【対象】広報について学びを深めたい入職10年目程度までの方

【目的】
 これまで、大学の広報=入試広報と捉えられがちであったが、
昨今では教育・研究内容も含めた大学のブランディングが重要視され、
受験者数にも影響を与えるほどとなっている。
 今回の企画では企業からの講師を招き、大学業界を問わず「広報とは何か」
ブランディングとは何か」について学ぶ。それを踏まえ、個々の業務を見直し、
「広報のタネ」を見つける視点を獲得する。

〔第1部〕講演
 講師:西澤 陽介氏(株式会社マインドシェア コミュニケーション事業部 
           スクールマーケティンググループ マネージャー)
 「広報・ブランディング戦略について考える~これからの大学広報のあり方~」(仮)

〔第2部〕
<個人ワーク>
 「講演を踏まえて、自部署の業務や自大学の特徴を振り返り、『大学の広報』につながるタネを見つける」
<グループワーク> 
 「個人ワークで発見した広報のタネを共有し、多角的な視点からブランディング戦略に
  つながるタネのまき方、花の咲かせ方を考察し、成果物を作成する」

■講師
 西澤 陽介氏(株式会社マインドシェア  コミュニケーション事業部
        スクールマーケティンググループ マネージャー)
  2000年に入社後、マーケティングリサーチ部署に配属。
  その後、2010年からママ事業においてリサーチ・プロモーションを数多く担当。
  3児の父でもある。学校・マーケティングに限らず、地域活性化や多岐にわたる
  マーケティング事業を行っている。

■参加費
 無料(なお、懇親会費は4,000円程度を予定しております)

■申込方法
 下記URLより、10月6日(木)17:00までにお申込ください。
 http://urx.red/yrM3

■その他
 お申込みにあたり、ご質問等については、
 中央大学 中島 光太郎 k-nakaji-5589(a)lake.ocn.ne.jpまで
 ご連絡ください。
 ※メール送信の際には、(a)を@に置き換えてください。

■企画担当 中島 光太郎(中央大学
      川口 理紗(東邦音楽大学
      五木田 廣開(大正大学
      平野 優貴(法政大学)
      吉岡 達也(中央大学
      涌井 智子(茨城キリスト教大学
以 上