読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

SNSを利用した大学広報に反発する人たち

これは勤務先のケースではないのだが、Facebookツイッター、LINEといった新たなテクノロジーを使った大学広報に反対する人が一定数いるようである。
その事実は、なんとなくわかる。
まあそりゃあ、反対する人はいるだろうなと。
ぼく自身、その手のものがすぐ受容されると思うほどめでたくはない。
ただそういう人に言いたいのである。

あなたは、それを使ったことがあるのですか?

多くの場合、反対する人は自分で使ったことがないのだろう。
だから怖いのだ。
しかし、言いたいのは、FacebookであれツイッターであれLINEであれ、使ってもないのにその良し悪しはわからないですよ、ということである。
使ってる人が仕事に応用したいというなら、それはその人を信用したらどうですかと。だってあなた使ってないんだから。
何も橋下徹的に、「じゃああなたが政治家になって…」的な理論を振りかざすつもりはない。あれはずるい。なぜならハードルが高いから。
「やってないお前にはわからない」と言われてしまうと、反論することは難しく、黙りこくるしかない。だからこの論理はズルいしセコい。
だがSNSはどうか?
使おうと思えば、タダで誰でも使える。
政治家になることに比べて、いかに簡単なことか。
スマホがあれば誰でもできるし、お金だってかからない。
ただダウンロードして、使ってみるだけ。
だったら使ってみなさいと。タダで誰でも使えるサービスを一旦使ってみるという労力すら割かずに、立派に反対するのはやめなさいと。
使ってないあなたは、謙虚に使ってる人の意見を黙って聞きなさいと。
意見を言いたいなら、とりあえず使ってみなさいと。そう思うのである。
ちなみにFacebookはもう大学生は使ってなくて、基本的におっさんのメディアである。
このことにぼくは危機感を覚えていて、だからツイッターを多用しているところもある。
若い世代は、ツイッターにロックをかけて、緩やかにコミュニケーションをとるスタイルになっている。
あとはインスタグラムか。インスタグラムだけはどうしても苦手で、ダウンロードしたまま長いこと使っていないのだが。
使ってなければ、そういうこともわからない。

これはポケモンGO禁止に通ずる問題である。
あのゲームだって、フリーで簡単にダウンロードできるわけで、一旦自分でやってから、メリットデメリットを検証しても罰は当たるまい。
大学における「ポケモンGO禁止」の愚かしさ - 松宮慎治の憂鬱