松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

青木栄一著「地方分権と教育行政―少人数学級編成の政策過程」(勁草書房)を読了

昨日の投稿に引き続き,教育行政における政府間関係の研究知見が著されたのが本書である。
また,分析枠組みとして,政府間関係論に加えて「政策共同体論」も援用している。
本書で分析の素材となっているのは副題となっている「少人数学級編成」である。
「少人数学級編成」の政策過程に関するマクロレベルの分析,
山形県志木市犬山市における当該事例の政策過程に関するミクロレベルの分析を経て,
NPMや教育行政に対する分権改革の影響を踏まえながら,分権改革によって教育の統治主体が変容したのかどうか,を理論的・実証的に示されている。

地方分権と教育行政: 少人数学級編制の政策過程

地方分権と教育行政: 少人数学級編制の政策過程