読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'15広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。Twitter : sanjyuumatsu,e-mail : sanjyuumatsu@gmail.com

英語論文が読めなさ過ぎて泣ける―サボったことは必ず返ってくる。因果応報―

大学院

高校生の頃,授業中は基本的に寝ていた。
「授業なんて聞かなくても,予習復習なんかしなくても,自分で勉強すれば点はとれる」と思っていた。
「文句があるなら,俺が聞きたくなるような授業をしてみろ」と思っていた。
テスト勉強は一応していたけど,全部一夜漬けだった。
模試の前だけは,結果が低いとカッコ悪いと思って1週間前くらいから勉強した。
といっても,好きな教科だけ。
このくらいのやり方で,所属する学校の中でカッコ悪くない程度の成績は出た。
しかし,当然のことであるがそのようなやり方で身につくはずもない。

英語の先生が,河合塾だかなんだかの模試が終わったあとに,「この中には,小手先だけで点をとるやつもおる」みたいなことを言っていたのを覚えている。
そのとき,「もしかしてこれは俺のことかな」と思った。ただ,同時に「点がとれればええやろ」とも思った。
英語は嫌いな教科だった。
何が嫌いって,仮定法過去だとかなんとか,言葉を理屈で覚える感じが苦手だった。
嫌いな教科だったので,全然勉強もせず,授業中は寝ていた。
大学に入ってからも同様だった。「語学は嫌い」とかなんとか言いつつ,当てられる直前で辞書を調べて適当な和訳を考える,という高校時代からのおなじみのスタイルを変えなかった。
語学が嫌い,と言うようになったのは大学に入ってからだ。中国語をやらなければならなくなって,英語を勉強するときと同様のストレスを感じた。要するに自分は語学が嫌いなのだと理由づけた。
ぼくにとって言葉というのは,自然と喋れるように,使えるようになるもの,という感覚が強くあった。
日本語の文法が苦手でなかったのは,既に喋れるようになってから,事後的に学んだからだ。
英語その他も語学も同様であるべきではないか,言葉というのはそういうもんじゃないか,と幼いながら思っていた。
とはいえ,英語をシャワーのように浴びてみるという根性もなくて,ひたすら逃げていた。

こうしたツケが,今になって問題になっている。
英語論文が全然読めない。
最大の問題は,時間がかかりすぎることだ。
当たり前のことだが,英語論文を「読む」ことは単なるスタートに過ぎない。
重要なのはその先の解釈や,自身への応用であって,「読む」のはその条件に過ぎない。
単なる条件を満たすのに,時間がかかりすぎる。
さらにいえば,母国語で論文を読むときのことを考えてみればわかることだが,「読める」ということと,「内容を理解できる」ということの間には大きな差がある。
読めても,意味がわからない。
自分はさらにその手前,読むだけのことに時間がかかりすぎる。
サボったことは,必ず返ってくるのだ。
苦手だ,嫌いだと逃げずに,与えられた方法が合わないと思ったら,自分で色々やってみればよかっただけのことだ。
そのような発想が,かつての自分には欠けていた。
そうしたツケが,今の自分に返ってきて,非常に困っている。
困っているが,実力がないなりに,やるしかないのもまた事実である。