松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

読了した文献(40)

◇青山佳代(2006)「アメリカ州立大学におけるインスティテューショナル・リサーチの機能に関する考察」『名古屋高等教育研究』6: 113-130.
◇秋山高志(2014)「ネットワーク分析を用いた組織間関係の形成メカニズムに関する考察」『商学論集』82(3): 23-42.
◇雨森聡・松田岳士・森朋子(2012)「教学IRの一方略―島根大学の事例を用いて―」『京都大学高等教育研究』18: 1-10.
◇金子元久(2016)「大学組織と教育組織」『IDE現代の高等教育』No.578,pp.4-11.
◇德永保(2016)「学位プログラム制の導入提案に至る経緯とその後」『IDE現代の高等教育』No.578,pp.12-17.
◇湊長博(2016)「大学の組織改革―京都大学の事例―」『IDE現代の高等教育』No.578,pp.18-22.
◇伊藤眞(2016)「筑波大学における学位プログラムと教育改革」『IDE現代の高等教育』No.578,pp.22-26.
◇三島良直(2016)「東京工業大学における教育改革」『IDE現代の高等教育』No.578,pp.27-31.
◇山崎光悦(2016)「金沢大学―その挑戦と新たな挑戦ビジョン―」『IDE現代の高等教育』No.578,pp.32-36.
◇芝田政之・高橋浩太郎(2016)「九州大学の学府・研究院制度」『IDE現代の高等教育』No.578,pp.36-42.
◇古山正雄(2016)「京都工芸繊維大学における教員組織改革」『IDE現代の高等教育』No.578,pp.42-46.
◇橋本周司(2016)「早稲田大学における教員組織と教育組織」『IDE現代の高等教育』No.578,pp.46-50.
◇桑原真人(2016)「札幌大学の組織改革」『IDE現代の高等教育』No.578,pp.51-54.
◇田中義郎(2016)「「教育最優先」の桜美林大学の仕掛け」『IDE現代の高等教育』No.578,pp.55-59.
◇山下恭徳(2016)「これからの学校教員に求められる資質能力の開発・向上について~学び合い、高め合う教員養成コミュニティの構築に向けて~―中央教育審議会答申の概要―」『SYNAPSE』Vol.48,pp.5-13.
◇末松裕基(2016)「世界の学校管理職養成【第3回】イギリスの学校管理職養成Ⅱ」『SYNAPSE』Vol.48,pp.20-25.
◇大野裕己(2016)「世界の学校管理職養成【第4回】アメリカにおける学校管理職養成のシステムⅠ」『SYNAPSE』Vol.48,pp.26-30.
◇Synapse編集部(2016)「教員免許制度の改正を整理する―現在の教員免許制度はどのような観点から構築されてきたか― Ⅱ教員に広く人材を求める措置(免許種毎の特色と改善)」『SYNAPSE』Vol.48,pp.31-39.
◇小野勝士(2016)「教職課程事務入門―教員免許事務とは、教職課程の運営とは― 第1回 大学における教職課程事務の位置付け」『SYNAPSE』Vol.48,pp.40-43.
◇棚野勝文(2016)「学校改善と学校組織におけるコミュニケーションⅡ―職員会議に求められる機能―」『SYNAPSE』Vol.48,pp.44-47.
◇狩野浩二(2016)「教員の資質向上と大学・教育委員会の連携(5)」『SYNAPSE』Vol.48,pp.48-51.
◇中村裕幸(2016)「教職大学院における職能開発―教職大学院における学びと探求」『SYNAPSE』Vol.48,pp.52-55.
◇佐倉英明(2016)「教員採用状況の実態分析と考察―教員の需給バランス調査から―」『SYNAPSE』Vol.48,pp.56-59.