松宮慎治の憂鬱

タイトルは友人が考えたもので,某アニメのことはわかりません。

城繁幸氏のコラム『29歳の働く君へ―今からでも遅くない!』を読み始めて,8年の歳月が経ってしまった

こちらの城氏のコラムを新卒1年目の頃から読み続けて,気づけば「29歳」も終わろうとしている。
www.j-cast.com

見ていただければわかるが,8年もの時間で非常に上質なコラムが積み重ねられた。
こういったものは早め早めに読んできたのだが,これからも読んでいいのだろうか……。
できれば,35歳バージョンか40歳バージョンの連載を始めてほしい。