松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

仕事も大学院も、やりたいことがほとんどできていない

標題のとおり、そんな年明けを過ごしている。
自分にとって重要な時期だと思うが、〆切のある短期的な仕事に忙殺されて、やるべきことができない。
真にやるべきことには、実は〆切がないことが多い。
緊急、緊急でない、重要、重要でない、の4象限で考えると、自分の理想は次の優先順位である。

1. 緊急で、かつ重要
2. 緊急でないが、重要
3. 緊急だが、重要でない
4. 緊急ではなく、重要でもない

このとき、1. と4. の優先順位は誰でもわかる。
問題となるのは、2. と3. である。
多くの人は、〆切があるとそれを守ることに追われて、3. の仕事ばかりに注力してしまう。
その結果として、「なんだか色々たくさんの作業をして忙しかったけど、何も成し遂げなかった」という状態になりがちである。
これを自分は恐れている。
しかしながら、これは注意しておかないと心理的には絶対2. より3. を優先してしまうのは当然なのである。
もし、3. を優先するためには、「嫌われたくない」「褒められたい」といった感情を捨てねばならない。
批判されたとしても、それ以上に為すべきことがある、という気持ちを強く持たねばならない。
そうでないと、他人のために作業に追われ、結果として何も残らなかった、ということにもなりかねない。

と、自らに言い聞かせるように書いている。
やはり体の疲れが溜まると、さして重要でもないのに〆切が迫っているものに注力してしまう。
そのような仕事は、重要な仕事をする中で行き詰まった時に、気分転換程度に従事すべきものであって、それ自体に集中的に、熱心に取り組んでしまうと、いつか隘路に行き着く運命になる。
謝ってなんとかなることと、あとから取り返しのつくことは、ある程度うっちゃる必要がある。
本当に大切なことは、あとから謝ってもどうにもならないし、時間がたってから取り返すことなど絶対にできない。
したがって、今ココしかないことに注力し、他のことは放っておく、それだけの強いメンタルが必要である。
同時に、3. の仕事に対しては、常に躊躇せず即断即決していくことが望まれる。
価値ある仕事をするためには、雑多な仕事をスピード感を保ちながら処理することが大切である。

とりあえず、運動を再開することから始めようと思う。
体を動かすことによってストレスを解消するというのは、大学生のときについた習慣であったのに、働き始めるとそれどころではなくなる。
実に、仕事というものは恐ろしい。