松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

大学院進学動機に潜む「学校歴」社会の末路

社会人として大学院に通っていると,わりと真面目に「学歴ロンダリングをしようという気持ちもあったのですか?」と聞かれる。

学歴ロンダリングというのは,大学院進学時に学部卒の「学校歴」(具体的には学部入試の難易度であり,より端的にいえば偏差値)を超えたところに進学することによって,自身の学歴を浄化することを指すネットスラングである(由来はご承知のとおり「マネーロンダリング」による)。
あえて学校歴をカッコ書きにしたのは,通常<学歴>というと世界的には学位の
レベル(「学士」「修士」「博士」)をさすのだが,わが国の場合は大学の名前をさす。
それはすなわち「学歴」ではなく「学校歴」である,という区別を行うためにカッコ書きにした。

また,教職課程の学生の支援を担当していると,「学歴ロンダリングをしたい」としばしば学生から言われることがある。
いや,そこまで直截ではないのだが,大体次のような口ぶりである。

神戸学院大学の名前では,教員採用試験に受からない」

「もう少しいい名前の大学を出た方が働きやすい」

こういった口ぶりである。
そのたび,これが「学校歴」社会の末路か,と思うのである。
そして,こうした学生というのは,大学院進学を学部進学と全く同様に考えている。
すなわち,

「○○大学は国立大学だから,大学院であっても入学するのは難しい」

と考えているのである。
ここでいえることは,次の2点である。
第1に,就職活動において「学校歴」が効いてくる業界があることは否定しない。というか,現実としてそうである。
それが正しいかどうかは別として,社会的には「学校歴」は未だ効いており,選考において「学校歴」によって輪切りにされ,場合によっては銘柄大学と同じ土俵上がることすらできない,ということはしばしばある。
これは,実はリクナビ等を初めとする就職ポータルサイトでは,だれもかれもが企業にとりあえずエントリーできるため,選考の上で効率性を追求するとそうせざるをえない,という事情もある。
しかしながら,公立学校の教師というのは,「学校歴」の最も関係のない業界である。
仮に選考に落ちたとしたら,それは大学の名前のせいではなく,間違いなく自分の実力のせいである(もちろん,大学の支援が足りない,という批判は受ける)。それが教員採用試験である。
第2に,学部に入学することと大学院に入学することとは,まったく別物である。
少なくとも,学部のように偏差値をモノサシにしていると大失敗をする(こういう学生は非常に多い)。
大学院は,入学するだけならどこであってもさして難しくはない。というのも,多くの大学院では定員を割っているからである。
ただ,入学することと修了することは違う。簡単に入学できても,修了できないかもしれない。
大学院進学の際に最も気にしなければならないのは,研究室であり,自身のやりたいことを研究している先生がいらっしゃるかどうか,であろう。
大学の名前は関係ない。

以上のような学生の声の背後で,「保護者の方の価値観」というものを感じることがある。
「親がそう言っている」というケースである。
保護者の方には,ご自身の時代の価値観で子どもを縛ろうとするのはやめてほしい,と伝えたい。
社会の価値観は,時代とともに変遷するのである。
社会の価値観の変遷に,自分が気づいていないだけかもしれない,という可能性を,心のどこかで持っておいてほしい。
そして,学生の可能性を変に限定しないでやってほしいのである。