松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

読了した文献(36)

◇丸山文裕(2013)「2 高等教育への公財政支出の変容」広田照幸・吉田 文・小林傳司・上山隆大・濱中淳子編『大学とコスト―誰がどう支えるのか」(岩波書店),pp.49-76.
◇杉谷 祐美子(2011)「第1部 一般教育から教養教育へ 解説 混迷する教養教育と高校教育との接続関係」杉谷祐美子編『リーディングス日本の高等教育2 大学の学び―教育内容と方法』(玉川大学出版部),pp.12-19.
◇寺﨑昌男(2011)「第1部 一般教育から教養教育へ 1 戦後大学と教養教育の模索」杉谷祐美子編『リーディングス日本の高等教育2 大学の学び―教育内容と方法』(玉川大学出版部),pp.21-33.
◇関 正夫(2011)「第1部 一般教育から教養教育へ 2 学士課程教育改革の事例―学生の自己実現・一般教育を重視する視点から」杉谷祐美子編『リーディングス日本の高等教育2 大学の学び―教育内容と方法』(玉川大学出版部),pp.35-41.
◇吉田 文(2011)「第1部 一般教育から教養教育へ 2 教養教育と一般教育の矛盾と乖離―大綱化以降の学士課程カリキュラムの改革」杉谷祐美子編『リーディングス日本の高等教育2 大学の学び―教育内容と方法』(玉川大学出版部),pp.42-52.
佐藤浩章(2015)「ファカルティ・ディベロップメントの構造と評価に関する研究」(北海道大学,博士(教育学)学位申請論文
◇寺畑 正英(2011)「新しい人事制度の普及プロセス:制度的アプローチによる展開」『経営論集』第78号,pp.225-236.
◇荒井 英治郎(2012)「歴史的制度論の分析アプローチと制度研究の展望:制度の形成・維持・変化をめぐって」『信州大学人文社会科学研究』第6号,pp.129-147.
◇牛丸 元(2009)「企業の同調行動とネットワーク分析」『經濟學研究』59(3),pp.35-48.
◇久野光朗・鈴木智弘・川村尚也(1994)「組織観知識創造の場としての港町:港町小樽の再生への提言」『商学討究』44(4),pp.31-67.
◇吉田香奈(2012)「教養教育のカリキュラムと実施組織に関する一考察―実施組織代表者全国調査(2011年)の分析よりー」『大学論集』第44集,pp.195-210.
中央教育審議会(2002)『新しい時代における教養教育の在り方について(答申)』(文部科学省
◇高岡伸行(2006)「ビジネスの正当性とイノベーションドライブに向けたステイクホルダーの統合様式:その正当性と組織化の次元」『經營と經濟』Vol.85(3-4),p.98-145.
◇山倉健嗣(1986)「「組織の組織」論の構想」『横浜経営研究』第7巻,第2号,pp.15-23.
◇久野光朗・鈴木智弘・川村尚也(1994)「組織観知識創造の場としての港町:港町小樽の再生への提言」『商学討究』44(4),pp.31-67.