松宮慎治の憂鬱

タイトルは友人が考えたもので,某アニメのことはわかりません。

仕事とプライベートはわけられるのか?

結論から言うと、難しいのではないかと考えている。
自分は無理であるということに途中できづいた。
働き始めた頃は、仕事とプライベートをいかにわけるか、ということをすごく気にしていて、仕事はあくまでも生活の手段であり、プライベートとは完全に切り分けたい、と思っていた。
友人と遊んでいるときに仕事の話を持ち出されると、「今は仕事を忘れる時間なのに」とイライラしたものである。
しかしながら、今となってはもはや何がプライベードで何が仕事かわからなくなってきた状態にある。
仕事とプライベートの境目をあえて曖昧にして、溶け合うような関係性をイメージしているのである。

なぜ難しいとわかったのかというと、これは価値観というよりも単純に性格の問題であり、性格によって「向いているか、向いてないか」が決まってしまう、と思ったからである。
たまたま自分は向いていなかった。
それは、割り切ることが苦手だからである。
仕事の影響はプライベートにもおよぶし、プライベートの影響は仕事にもおよぶ。
このとき、むりに分けよう、分けようとすることはものすごいストレスになってしまうと感じた。
だから今では、逆に思い切り両者の関わりを深めるようにした。
そうすると、どう考えても労働時間として計上されうる時間は格段に増えたと思うが、なぜかストレスは激減した。

以上のように、仕事とプライベートをわけることのない生活スタイルには満足しているのだが、ときどきは体を休めることが大切だと自覚している。
そうでないと、知らず知らずのうちに疲れがたまってしまう可能性がある。
ストレスがないだけに、意識しないと際限がない。
このことにさえ気をつければ、現在のスタイルは自分にあっていると思う。