松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

大学の教員と仲良くなる方法

大学の教員と仲良くなるのはすごく簡単である。
「どうやったら先生とうまく仕事ができるだろうか」と悩む職員は多いように思うが、要するに仲良くなれば話は早い。
仲良くなるのは簡単である。

それは、「専門分野の話をすること」だ。
いまどき、所属の教員の専門分野など、自身の大学のホームページで公開されていよう。
まずそれを見る。
そうすると、その先生がどんな分野でどんな研究をしているのか、は簡単にわかる。
これだけでもやる人は少ない。だから十分だとも言えるが、もう少しステップを踏めばよりレベルがあがる。
次は、Google Scholarだ。
http://scholar.google.co.jp/
ここで、その教員の名前を検索する。そしたら、どんな論文を書いているのかわかる。
中には無料でダウンロードでできるものもあるだろう。それを読んでみる。
最後に、科研だ。
科研のデータベースは、以下で公開されている。
KAKEN - 科学研究費助成事業データベース
ここで、またその教員の名前を検索する。
そうすれば、どの教員がどんな研究課題で、いくら科研をとっているのか、あるいは過去にとってきたのかがわかる。
ここまでで、仲良くなるための9割が終了。
あとの1割は、先生に問うことだ。

「先生の専門分野って、○○ですよね」

「この分野では、どういったことをされているんですか?」

「へえ、じゃあ●●は、○○学ではどう論じられてるんですか?」

こんな感じで、質問をしていく。そうすれば仲よくなれる。
ときどき、「教員の専門分野を理解することが重要」といった論があるが、あれは間違っている。
ある研究課題や分野について、そんなに簡単に理解できるなら研究者などいらない。
理解はできない。その前提で、質問を重ねる。
仲良くなることなんて簡単で、たったこれだけのことなのに、なぜみんなやらないんだろうと思っていたが、最近わかってきた。
そういう人は、「理解しなければならない」と思っているのだろう。
そして、「私には理解できない」ので、「聞かない」のではないか。
しかし、「理解しなければならない」のは不遜だし、「私には理解できない」のも当然だ。
目的は理解することではなく、学術に裏付けられたその人の背景を知ろうとすることにある。

要するに、誰かと仲良くなるときのコミュニケーションと全く同じだ。
誰かと仲良くなるときには、その人の背景を理解しようとするだろう。
大学の教員の場合は、背景が世界に向けて公開されているので、そうでない人に比べて最初のハードルは低い。
みんなどんどんやったらいいのである。