松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

読了した文献(33)

◆坂口小枝(2013)「創造性形成におけるナレッジ・マネジメントとヒューマンリソース・マネジメントのギャップへの考察」『組織学会大会論文集』2(1),pp.9-16
◆大江秋津(2012)「組織パフォーマンス向上のための組織学習プロセス」『経営情報学会 全国研究発表大会要旨集』,pp.211-214.
◆立田慶裕・岩崎 久美子・籾井圭子(2010)「教育のナレッジ・マネジメント」『日本教社会学会大会発表要旨集録』(62),pp.182-187.
◆松塚ゆかり(2010)「高等教育のナレッジマネージメント:米国のIRが進める学部横断的「知」の共有」『大学論集』(41)pp.455-471.
◆村澤昌崇(2012)「高等教育における評価の動向と課題−芸術系分野への示唆−」『音楽教育実践ジャーナル』vol.10,no.1,pp.67-77.
◆中島英博(2015)「多人数講義で学生の深い学習を促す教員の特質」『名古屋高等教育研究』第15号,pp.161-177.
◆溝上慎一(2014)「第1章 アクティブラーニングとは」『アクティブラーニングと教授学習パラダイムの転換』(東信堂),pp.3-23.
◆橋本鉱市(2007)「高等教育学会の10年―組織編成と知識形成―」『高等教育研究』第10集,pp.7-29.
◆羽田貴史・大塚 豊・安原義仁(2007)「大学史・高等教育史研究の10年」『高等教育研究』第10集,pp.31-50.
◆川嶋太津夫(2007)「高等教育研究における比較研究の成果と課題―紀要掲載論文を中心にして―」『高等教育研究』第10集,pp.51-61.
小林雅之(2007)「高等教育の経済分析」『高等教育研究』第10集,pp.63-81.
◆丸山文裕(2007)「高等教育における財政と経営管理の研究」『高等教育研究』第10集,pp.83-95.
◆中村高康(2007)「高等教育研究と社会学的想像力―高等教育社会学における理論と方法の今日的課題」『高等教育研究』第10集,pp.97-109.
◆森 敏明(2006)「第1章 教育心理学の理論と方法」森 敏明・秋田 喜代美編『教育心理学キーワード』(有斐閣双書),pp.2-13.
◆溝上慎一(2014)「第1章 アクティブラーニングとは」『アクティブラーニングと教授学習パラダイムの転換』(東信堂),pp.3-23.
◆伊藤浩行・松尾 理・安富正幸(2002)「初期医学教育におけるPBLテュートリアル教育」『医学教育』33(4),pp.247-252.
◆坂上 学(2005)「専門教育の一環としての初年次教育の意義―大阪市立大学商学部の試み」『大学教育』第2巻,第1号,pp.45-53.
◆阿部和厚・寺沢浩一(1997)「大学教育における知識伝達中心授業から学習中心授業への転換―多人数クラスにおける学生中心小グループ学習モデル―」『高等教育ジャーナル(北大)』特別号,pp.128-137.
◆境 信哉・佐藤洋子・森山隆則・武田直樹・竹内文也・石津明洋・松野一彦(2007)「専門教育に特化したFDの意義―北海道大学医学部保健学科FDワークショップの総括を通して―」『高等教育ジャーナル』第15号,pp.89-98.
◆阿部和厚(1998)「教育の生産性とその評価―学生の参加型授業からみて」『高等教育ジャーナル(北大)』第3号,pp.138-142.