松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

学生との関係性は、卒業後に決まる

これまでも2回ほど言及したのですが、学生との関係性は卒業後に決まると考えています。shinnji28.hatenablog.com
shinnji28.hatenablog.com

在学中に、色々と付き合いや交流があるのは、いわば当然なわけです。
しかし、卒業後も付き合いが続くとなれば、これはとても価値のあることだと思います。
もちろん、その前提として在学中の良い関係は必要ではありますが。
なので、一番嬉しいのは卒業後に何かの機会に寄ってくれたり、挨拶に来てくれたりすることが一番嬉しいです。
そういう人が何人いるか、によって自分の関わり方の意味が決定づけられるような気がしています。
また、そういった「待ち」の姿勢でいるだけでなく、自分からも積極的に学生の職場に、菓子折をもってお邪魔するようにしています(お邪魔できるような職場であれば)。
まあ何が言いたいかというと、学生との関係性は長期的な視野で考えないといけないな、ということですね。